和泉聡/足利市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う栃木県足利市長選挙(2021年4月18日告示、4月25日投開票)に無所属で現職の和泉聡氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、和泉聡氏に関する情報をまとめています。

和泉聡氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。




続きを読む




和泉聡/足利市長選挙の経歴は?

名前 和泉聡(いずみさとし)
生年月日 1963年8月7日
出身地 栃木県足利市
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
職業(前職) 現足利市長
趣味 ジョギング、読書

和泉聡氏は大学卒業後は、1987年12月に朝日新聞社に入社し、仙台支局、千葉支局や本社社会部で勤務されています。

1997年7月には、アメリカ合衆国ハーバード大学ケネディ行政大学院に社費留学されています。その後、2002年4月にブラジル・サンパウロ支局長、2009年6月に社会部筆頭次長、2010年9月に宇都宮総局長にそれぞれ就任されています。

2013年1月に同社を退社され、同年4月に足利市長選挙に出馬され初当選を果たされており、現職の足利市長であり現在2期目です。

和泉聡/足利市長選挙の学歴は?

和泉聡氏の学歴は栃木県立足利高等学校卒早稲田大学政治経済学部卒になります。

出身高校は?

足利高等学校は、栃木県足利市にある県立高校であり、毎年国公立に60名前後、難関私立大に300名前後(複数合格あり)合格している足利市を代表とする進学校です。

出身大学は?

早稲田大学は、東京都新宿区に本部を置く私立大学であり、日本の私立大学の中でも歴史の長い大学です。

政治経済学部からは政治家、法学部からは法律家、文学部からは作家や文化人が誕生し、数多くの優秀なOB・OGを輩出しています。




続きを読む




和泉聡/足利市長選挙の家族は?

和泉聡氏の家族構成については奥様義母様3人暮らしです。

和泉聡/足利市長選挙の年収は?

和泉聡氏の年収についてまとめました。

足利市の公式サイトによると足利市長の年収は次の通りです。

市長給料 1,015,000×12ヶ月=12,180,000円
期末手当 1,015,000×3.4ヶ月分=3,451,000円

和泉聡氏の足利市長としての年収は上記合計の15,631,000円と予想されます。

和泉聡/足利市長選挙の選挙の実績や評判は?

和泉聡氏の実績については、現職の足利市長として特にあがた駅南産業団地造成や小俣町の市一般廃棄物最終処分場問題解決などが挙げられます。

和泉聡氏の評判についての情報は見当たらないですが、SNSの投稿に対してのコメント等から、上々の評判であると個人的には思います。

和泉聡/足利市長選挙の選挙の公約は?

和泉聡氏の選挙公約は「まもる」「つなぐ」安定市政の継続をテーマにコロナからまもるを始めとして大きく3つの公約を掲げられています。

和泉聡/足利市長選挙の選挙の立候補した理由は?

和泉聡氏は市民や市職員に私の思いが伝わっているという手応えがあり、期待に応えていきたいと表明されており、立候補された理由の1つと考えられます。

和泉聡/足利市長選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは和泉聡氏の選挙結果について書いていきます。

和泉聡氏は現職の足利市長であり、2013年4月21日執行の同選挙において34,036票を獲得され初当選されました。投票率は53.57%でした。

直近の2017年4月23日執行の同選挙では無投票で当選され2期目を務められています。

和泉聡/足利市長選挙の引退の可能性は?

和泉聡氏は今回が3度目の足利市長選挙になりますが、落選されたとしても、年齢的にも引退される可能性は低く、次回の同選挙に立候補される可能性もあると思われます。

まとめ

和泉聡氏は市制100年を迎え、新型コロナウイルス、山火事、水害から守り、次の100年に向け市内中央の中橋架け替えをはじめ東西南北の均衡ある発展を期す事を表明されており、3期目の当選を目指されます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所