磯野典正/勝浦市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

市長の死去に伴う勝浦市長選挙(2022年8月21日告示、8月28日投開票)に磯野典正氏が出馬する意向を表明されましたので,磯野氏に関する情報をまとめています。

こちらのページでは,磯野氏の

・経歴
・家族
・年収
・公約

などについて調べてみました。

スポンサーリンク

磯野典正/勝浦市長選挙の経歴は?

磯野典正氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 磯野典正(いそののりまさ)
生年月日 1974年6月20日
出身地 千葉県勝浦市
最終学歴 木更津中央高等学校卒業
職業(前職) 会社取締役,元勝浦市議会議員
趣味 不明

磯野典正氏は1974年6月20日に生まれました。

木更津中央高等学校を卒業し,現在は有限会社シンコーエンジニアリングという管工事や電気工事を行う会社の取締役をされています。

2011年4月に行われた勝浦市議会議員選挙で当選。その後同議会議員を3期務めていましたが,勝浦市長選挙に出馬するため2022年7月に辞職しています。

趣味については不明ですが,木更津総合高校(旧木更津中央高校)硬式野球部のOBとの記載がありましたので,野球がお好きなのではないかと思われます。

スポンサーリンク

磯野典正氏/勝浦市長選挙の学歴は?

磯野典正氏の最終学歴は木更津中央高等学校卒業です。

出身高校は?

出身高校は 木更津中央高等学校です。

木更津中央高等学校は2003年に清和女子短期大学附属高等学校と統合され,木更津総合高等学校と名称が変更になりました。

木更津総合高等学校は千葉県木更津市に所在し,全校生徒が約1900人の千葉県最大級の私立高校です。

建学の精神に「真心」を掲げ,

1. 社会の良心たる人物たれ
2. 困難にくじけない逞しい人間になれ
3. 大いなる真実の自己に生きよ

の3つを教育理念としています。

生徒一人ひとりの目標や適性に合わせた学習環境を提供するために,「コース制」「総合選択制」「ハウス制」の3つのシステムを連動させた学校運営が行われています。

部活動は16の運動部・16の文化部・13の同好会と非常に充実しており,体育系部活動の活動範囲は、県内はもとより関東から全国へと広がっています。

参考:木更津総合高等学校ホームページ

磯野典正/勝浦市長選挙の家族は?

磯野典正氏の家族構成については1男1女との情報がありました。ご自身のFacebookにはお孫さんの写真もありました。

磯野典正/勝浦市長選挙の年収は?

磯野典正氏は2022年7月に辞職するまで勝浦市議会議員を務めており,2019年5月からは同市議会の副議長をされていました。

全国市議会議会長が発表している「市議会議員定数・報酬に関する調査結果」によりますと,
勝浦市議会議員副議長の報酬は月額306,000円,期末手当は6月に673,200円,12月に673,200円となります。

306,000円×12ヶ月+673,200円+673,200円=5,018,400円

磯野氏の勝浦市議会議員としての年収は約500万円になります。

磯野氏はこのほかに会社の取締役も務めています。取締役を務める有限会社シンコーエンジニアリングは資本金300万円ですが,資本金2000万円未満の企業の役員報酬の平均は530万円程度という情報がありました。

このことから磯野氏の年収は1000万円程度になるのではないかと推測されます。

参考:HOW MATCH

磯野典正/勝浦市長選挙の実績や評判は?

磯野典正氏の活動実績については,ご自身のFacebookに記載されています。

勝浦市の活性化のために,移住者の為のイベントや勝浦にサテライトオフィス設置の提案を企業に行っているようですね

新たな挑戦として,勝浦産きくらげの栽培を始めたという記載もありました。

議員活動の他に「熱血!!勝浦タンタンメン船団」の船団長を務めており,タンタンメンで観光業を充実させる活動も行っています。

また勝浦ロータリークラブにも所属され,奉仕活動なども積極的に行っているようです。

磯野典正/勝浦市長選挙の公約は?

磯野典正氏は出馬時の会見で下記項目に重点的に取り組みたいと語りました。

・人口減少をいかに食い止めるかを第一に考えたい
・テレワークの場としての企業誘致や奨学金制度の見直し
・防災対策
・勝浦タンタンメンによる街づくりの知見を生かした観光業の充実

磯野典正/勝浦市長選挙の立候補した理由は?

磯野典正氏の立候補の理由についてはっきりとは語られていないのですが,「志半ばで亡くなった土屋市長とはお互いが議員時代から勝浦市の未来の為に邁進してきた仲間であった」と語っており,その志を引き継ぎたいという気持ちがあったのではないでしょうか。

「土屋氏が市長になってからは政策の違う部分もあり,それまでのような関係ではなくなってしまったと」おっしゃられていますので,土屋氏の果たせなかった志を胸に抱きつつ,ご自身の目指す新しい勝浦市をつくりたいという思いから,立候補されたのではないかと思います。

磯野典正/勝浦市長選挙の選挙結果は?

磯野典正氏は勝浦市議会議員選挙に3度出馬しています。

過去出馬している選挙の結果は以下の通りです。

勝浦市議会議員選挙
(2011年4月24日投票)
投票率:73.88% 獲得票数:831票  当選
勝浦市議会議員選挙
(2015年4月26日投票)
投票率:69.28% 獲得票数:683票   当選
勝浦市議会議員選挙
(2019年4月21日投票)
投票率:67.25% 獲得票数:596票  当選

磯野典正/勝浦市長選挙の引退の可能性は?

磯野典正氏の引退について調べてみましたが,情報は得られませんでした

個人的な予想になりますが,まだ年齢的にも若く勝浦市の発展のために精力的に活動をされている磯野氏ですので,現時点では引退について考えている可能性は低いと思います。

まとめ

ここまで磯野典正氏についてまとめてみました。

今回の勝浦市長選挙には元市議の3名が出馬しており,非常に激しい争いとなりそうです。

磯野氏の活動などを拝見すると,生まれ育った勝浦をとても愛していて,その勝浦を何とかして活性化させたいと奮闘する様子がうかがえます。

3期に渡る市議会議員としての経験から,市民の要望や不満についても熟知されているでしょう。

その経験と勝浦市への愛を武器に,よりよい勝浦市づくりを目指して頑張っていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所