石山アンジュの仕事や年収は?夫子供家族や学歴経歴は?

スポンサーリンク

今回の記事では「モーニングショー」でコメンテーターとして活躍中のエコノミー伝道師の石山アンジュ氏について記事をまとめていこうと思います。

石山アンジュ氏の

・経歴
・学歴
・年収
・家族

などについて記事をまとめていきます。

石山アンジュの経歴や学歴は?

石山アンジュ氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

石山アンジュの経歴は?

名前 石山アンジュ(いしやまあんじゅ)
生年月日 1898年4月20日
身長 不明
出身地 神奈川県横浜市
最終学歴 国際基督教大学卒業
職業 社会活動家
デジタル庁シェアリングエコノミー伝道師
シェアリングエコノミー協会 代表理事
パブリックミーツイノベーション 代表理事
株式会社USEN-NEXT HOLDINGS 社外取締役
総務省地域情報化アドバイザー
厚生労働省「シェアリングエコノミーが雇用・労働に与える影響に関する研究会」構成委員
経済産業省「シェアリングエコノミーにおける経済活動の統計調査による把握に関する研究会」委員
コメンテーター

石山アンジュ氏は、1898年に神奈川県横浜市に生まれました。

小学生の頃から、戦争や平和について興味がある子どもで、戦争映画などをみていたようです。

高校では、アーティストになりたくて、歌やダンスをして過ごしました。

大学では、平和研究を学びたいと思い、国際基督教大学に進学しています。

大学在学中に、NHK「プロジェクトWISDOM (現・グローバルディベートWISDOM)」に参加しています。

「プロジェクトWISDOM」は、滝川クリステル氏がキャスターを務める国際討論番組です。

石山アンジュ氏は、在学中にプロジェクトを立ち上げています。

そのプロジェクトは、海外の街角でスケッチブックを持ち、「あなたにとって世界平和とは何ですか?」と聞くプロジェクトです。

そこでの答えの多くは、家族や身近な人を大切にするという答えだったそうです。

石山アンジュ氏は、このプロジェクトで愛や良心が平和を実現するために必要だと感じたようです。

このプロジェクトが、人と人とが助け合うシェアライフという生き方に影響しているのかなと思います。

大学卒業後は、リクルートに入社しました。

組織の倫理が個人の人生を左右することに疑問を感じたようです。

3年ほどでリクルートを退社し、クラウドワークスに勤務しました。

1年後には、シェアリングエコノミー協会に移籍しています。

現在は、デジタル庁シェアリングエコノミー伝道師として、シェアリングエコノミーやシェアライフを広めるお仕事をされています。

コメンテーターとしても活動されていて、

・NewsPicks「WEEKLY OCHIAI」
・テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」

などに出演しています。

石山アンジュ氏 ツイッター

石山アンジュ氏 インスタグラム

石山アンジュ氏 フェイスブック

石山アンジュの本名は?

石山アンジュ氏は、本名で活動されているようです。

石山アンジュの学歴は?

石山アンジュ氏の学歴ですが、国際基督教大学卒になります。

石山アンジュの出身高校は?

石山アンジュの出身高校についての情報は得られませんでした。

大学がキリスト教大学ですので、高校もキリスト教学校の可能性がありそうです。

石山アンジュの出身大学は?

石山アンジュ氏の出身大学は、国際基督教大学です。

国際基督教大学は、1953年設立のキリスト教大学で、通称ICUと呼ばれています。

コミュニケーションを通じてリベラルアーツを学ぶことを目的として、学生の約3割が学生寮に住んでいます。

国連や国際NGOで働く国際公務員を多数輩出しています。

参考:国際基督教大学 ホームページ

スポンサーリンク

石山アンジュの仕事は?

石山アンジュ氏は、シェアリングエコノミーやシェアライフを広めるお仕事をされています。

シェアリングエコノミーは、スキルや物などを共有して助け合う経済の動きです。

例えば、北海道天塩町では、交通手段のない人と運転できる人を繋ぐ「相乗り交通」を実現しました。

さらに、長野県川上村では、家事や子守りを地域の人とシェアする仕組みを作りました。

 

石山アンジュ氏は、現在は東京都と大分県を拠点にしているようです。

大分県は、東京よりは交通などで不便なところがあるようですが、人と繋がり助け合う、シェアによって解決しているようです。

東京では、「拡張家族cift」というコミュニティに参加しています。

「拡張家族cift」は、血のつながりがない人々が集まって家族として暮らすコミュニティです。

出来ないことを出来る人がやることで、シェアして助け合うコミュニティです。

石山アンジュ氏は、自身でシェアライフを実現し、さまざまな地域に出向き、シェアリングエコノミーを広める活動をされています。

執筆活動もされていて、「シェアライフ 新しい社会の新しい生き方」を出版しています。

石山アンジュの家族は?

石山アンジュ氏の家族は、父・母・夫がいるようです。

 

お父さんの石山和男氏は、ブラジルサンバ歌手をされています。

「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」の代表を務めていましたが、2012年に退任しています。

 

お母さんはのしぎはらひろ子氏は、デザイナーをされています。

石山アンジュ氏が小学生の間は、子育てに専念していたようです。

小学生の頃に、親子で浅草サンバカーニバルに参加していたようです。

明るく活動的な性格は、お母さんの影響かもしれませんね。

 

石山アンジュ氏の実家は、シェアハウスだったので、シェアという考えに抵抗がなかったようです。

ご両親は、石山アンジュ氏が12歳の時に離婚しています。

中学生の頃は、ご両親の家を行き来する生活を送られていたようです。

 

石山アンジュ氏は、2020年に結婚されています。

籍は入れていない、事実婚の関係です。

旦那さんは、石山アンジュ氏より「シェアな人」だとインスタグラムで語っていました。

悩んでいるときは寄り添ってくれる優しい方のようです。

旦那さんが、東京都と大分県豊後大野市に住んでいたため、石山アンジュ氏も大分県に住むようになりました。

大分県で農業をされていて、自然に囲まれて生活しているのですね。

石山アンジュ氏に、お子さんはいないようです。

SNS上では、「拡張家族cift」の子どもたちと楽しそうにしている石山アンジュ氏の姿が見られました。

お子さんができたら、素敵なお母さんになりそうです。

スポンサーリンク

石山アンジュの年収や月収は?

石山アンジュ氏の年収は、およそ2,620万円と予想しました。

年収を予想した根拠について解説していきます。

 

石山アンジュ氏は、

・シェアリングエコノミー協会 代表理事
・パブリックミーツイノベーション 代表理事
・株式会社USEN-NEXT HOLDINGS 社外取締役
・講演
・コメンテーター

などから収入を得ていると思われます。

 

シェアリングエコノミー協会代表理事とパブリックミーツイノベーション代表理事は、どちらも一般社団法人です。

一般社団法人の役員報酬は、社員総会の決議によってい決められるようです。

報酬金額について詳しい情報は得られませんでしたので、報酬を500万円ずつと予想しました。

石山アンジュ氏の代表理事としての年収はおよそ1,000万円と予想しました。

 

株式会社USEN-NEXT HOLDINGSの社外取締役についてですが、社外取締役の平均年収は663万円という情報がありました。

石山アンジュ氏の社外取締役としての年収はおよそ660万円と予想しました。

 

石山アンジュ氏は、講演活動もされていますので年収を予想していきます。

石山アンジュ氏の講演の出演料は31〜60万円ほどと予想されます。

出演料40万円、月1回と仮定して計算します。

年収 40万円×12ヶ月=480万円

石山アンジュ氏の、講師としての年収はおよそ480万円と予想しました。

 

コメンテーターの年収について予想していきます。

コメンテーターの出演料は1回5万円ほどと思われます。

月に8回ほど出演していると仮定して計算します。

月収 5万円×8回=40万円
年収 40万円×12ヶ月=480万円

石山アンジュ氏のコメンテーターとしての年収はおよそ480万円と予想しました。

 

シェアリングエコノミー協会代表理事 500万円
パブリックミーツイノベーション代表理事 500万円
株式会社USEN-NEXT HOLDINGS社外取締役 660万円
講演 480万円
コメンテーター 480万円
年収 500万円+500万円+660万円+480万円+480万円=2,620万円

以上の結果から、石山アンジュ氏の年収はおよそ2,620万円と予想しました。

 

参考:社外取締役の報酬の決め方や相場を紹介

参考:講演料金の目安「あの講師はいくらで呼べる?」

参考:テレビコメンテーターのギャラの相場はいくら?

まとめ

今回の記事では、石山アンジュ氏について記事をまとめてみました。

シェアリングエコノミーやシェアライフを広めるために活動されています。

活発で明るい魅力ある方だと思います。

これからの活躍を期待したいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所