石本れいこ/高砂市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年3月31日告示、同年4月7日に投票が実施される高砂市長選挙に、石本れいこ氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、石本れいこ氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

石本れいこ/高砂市長選挙の経歴は?

石本れいこ氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 石本れいこ(いしもと れいこ)
生年月日 1976年10月1日
出身地 兵庫県高砂市
最終学歴 国立明石工業高等専門学校建築学科
職業 一般社団法人代表
趣味 非公表

石本れいこ氏は、1976年10月1日に兵庫県高砂市で生まれました。

幼少期を同市で過ごし、一般の高校には行かず、国立明石工業高等専門学校建築学科で学問に励みます。

高専の卒業後は大学には進学せず、高砂市役所に採用され勤務します。

高専で学んだ建築の知識と技術を活かし、営繕や建築指導業務に携わります。

2023年に退職し、一級建築事務所の代表として活躍しています。

石本れいこ/高砂市長選挙の学歴は?

石本れいこ氏は一般的な高校には通わず、国立明石工業高等専門学校を卒業しています。

大学には入学していません

出身高校は?

石本れいこ氏が通った、国立明石工業高等専門学校は、1962年に全国初の国立高等専門学校の1つとして設立されました。

工学や建築学など、理系科目を中心に学習する学校で、同氏も建築学科で建築系の知識と経験を身に着けました。

専門技術を持つ人材の輩出を中心にしている学校で、建築学科の卒業生の進路は関連企業への就職や大学への進学など様々見られます。

出身大学は?

石本れいこ氏は、大学に通っていません

石本れいこ/高砂市長選挙の家族は?

石本れいこ氏の家族に関しては、情報が得られませんでした。

石本れいこ/高砂市長選挙の年収は?

石本れいこ氏は、現在一般社団法人の代表として活躍しています。

一般社団法人の代表がどれほどの年収を獲得しているのか、予想は難しいです。

もし非営利タイプの法人の場合は、年収は高くないのかもしれません。

しかし、一級建築士の資格を有していることから、専門性を発揮して幅広い取り組みをして収入を得ている可能性もあります。

石本れいこ/高砂市長選挙の実績や評判は?

石本れいこ氏は、市役所の職員として長年活躍しました。

その間の評判で悪いものは聞こえてきていません。

建築技術職として市役所で活躍し、公共施設マネジメントに取り組んだ経験もあることから、市の施設の運営に興味を持ったのかもしれません。

石本れいこ/高砂市長選挙の公約は?

石本れいこ氏が小諸市長選挙における公約は明言されていません。

同氏の公式ホームページ上では、高砂市で取り組みたい事項として以下の3項目を挙げています。

・市民病院を中心とした「いつまでも住み続けたい高砂」を目指すまちづくり
・「こども・若者」に積極投資で、未来につづく高砂へ
・「文化都市」高砂の復興
・みんなが住みやすい生活と支える経済
・全ての世代を守る福祉で日常を守る
・市役所のアップデートで、最大限の力を引き出す
・市民の皆さんと徹底的に対話、市民参画を進める

石本れいこ/高砂市長選挙の立候補した理由は?

石本れいこ氏が高砂市長選挙に立候補した理由としては、地元報道の取材に対し、「市民と対話して、ビジョンを示し、確実に実行するリーダーを目指す」との考えを述べています。

長年高砂市で職員として働いてきた同氏だからこその、新しいビジョンを持ったリーダーとしての政策が期待されます。

石本れいこ/高砂市長選挙の選挙結果は?

石本れいこ氏は、これまで選挙に立候補した経験がありません。

石本れいこ/高砂市長選挙の引退の可能性は?

石本れいこ氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏は高砂市が出身地であり、長期間同市で生活していることから、何らかの形で貢献したいと考えていることが予想されます。

もし今回の選挙で落選したとしても、次回以降の可能性に挑戦し続けるのではないかと考えられます。

一方、現在代表を務める一般社団法人の活動に重きを置くなど、政治の世界とは別の形で活躍する可能性も十分あります。

まとめ

以上、石本れいこ氏について高砂市長選挙との関連で紹介してきました。

高砂市で職員として勤務してきた経歴を持つ同氏は、地元をより良くしたいという気持ちが非常に強いと予想されます。

市民の生活を第一に考えた政策を展開してくれそうな方であるため、当選後の活躍に期待したいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長