石川良三/春日部市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

春日部市長選挙(2021年10月17日告示、10月24日投開票)に石川良三氏が立候補する意向を表明されましたので、石川氏に関する情報をまとめています。

石川良三氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

石川良三/春日部市長選挙の経歴は?

石川良三氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 石川良三(いしかわりょうぞう)
生年月日 1951年4月19日
出身地 埼玉県武里村備後(現春日部市)
最終学歴 埼玉県立杉戸農業高等学校卒業
職業(前職) 元春日部市会議員、現春日部市長
趣味 スポーツ観戦、音楽鑑賞

石川良三氏は地元春日部市に生まれ、農業高校を卒業後は全国園芸協会の農場にて修行。

ハウス栽培によるトマトが日本一の神田市場において宮内庁御用達に採用されたほどの腕前を発揮します。

その後、有限会社を立ち上げし、企業経営を身をもって学んだ後に、PTA役員を経て市政改革の必要性を認識。

市議会議員を経て、2005年には合併後初の市長に就任。

その後も3期連続で再選を果たし、現在4期目の市長を務めている方です。

石川良三/春日部市長選挙の学歴は?

石川良三氏の学歴は、埼玉県立杉戸農業高等学校卒業になります。

農業高校卒業後は就職されたため、大学へは進学していません。

出身高校は?

埼玉県立杉戸農業高等学校は埼玉県の北葛飾郡に位置する公立農業高校です。

学科は「生物生産技術科」、「園芸科」、「造園科」、「食品流通科」、「生物生産工学科」、「生活技術科」があり、主に実習がメインの授業となっています。

広大な敷地で、農業に関わらず動植物等様々なことを学べる環境が魅力です。

卒業後の進路も様々で、農業系の指定校推薦でさらに深く学ぶことができたり、公務員・農家・造園業等に就職する学生も多いようです。

スポンサーリンク

石川良三/春日部市長選挙の家族は?

石川良三氏は既婚です。

奥様やお子様の情報は調べるも出てきませんでしたが、石川良三氏の特技は「孫の寝かしつけ」とありますので、お孫様がいらっしゃるようですね。

お孫様を溺愛されている様子が伝わってきて、良いおじいちゃんといった印象ですね。

 
 

石川良三/春日部市長選挙の年収は?

石川良三氏の年収について情報をまとめてみました。

石川良三氏は4期目を務める春日部市長です。

市長の給料は月額982,000円ですから、

98万2,000円(月収)×12カ月=11,78万4,000円
11,78万4,000円+賞与392万8,000円=1,571万2,000円

等でしょうか。

やはり市のトップというだけあり、高収入ですね。

石川良三/春日部市長選挙の実績や評判は?

石川良三氏は現在も市長として市政に取り組んでおり、特にコロナ対策については積極的に取り組まれたようです。

以下のtweetにて、埼玉県内で春日部市は県下1位となった旨報告されています。

早い段階から10代や受験生とその保護者を対象にワクチン接種を開始していましたので、その結果といえるのではないでしょうか。

SNSを用いて積極的に情報を発信されている姿には好感が持てますね。

石川良三/春日部市長選挙の公約は?

石川良三氏はこちらの公式サイト内にて、「5つの増計画」を発表されています。

1.経済波及効果増
2.転入人口増
3.学力アップ、スポーツ力アップ
4.中心市街地の賑わい増
5.デジタル市役所、医療センターで市民の利便性増

特に転入人口増の策としては、北春日部駅前に大規模な受託地、複合施設の創造、武里団地のリニューアルを掲げています。

過去の公約の達成状況は70%超とのことですので、今回の公約もぜひ実現をして欲しいですね。

石川良三/春日部市長選挙の立候補した理由は?

石川良三氏は立候補理由として、街づくり事業が大きく動き出しており、着実に遂行するためには立ち止まることは許されないため、と述べています。

大きな事業としては春日部駅高架化など。確かにバリアフリー化が推進され、市民の皆さんが使いやすいまちにはなって欲しいですね。

愛する春日部をさらに盛り上げたい、とTwitterでも発信されています。

石川良三/春日部市長選挙の選挙結果は?

石川良三氏は過去に春日部市議会議員を経て、今回5度目の市長選への立候補となります。

2013年の春日部市長選では、元市議の女性、並木氏をダブルスコアとなる30,707票で勝利した石川氏。

この時の投票率はわずか23.82%でした。

そして直近の春日部市長選挙となる2017年では、元市議で会社役員の岩谷氏との一騎打ちとなりました。

結果は、岩谷氏より5票差という僅差で石川氏の勝利となりました。この時の投票率は49.94%でした。

前回の市長選で注目度もあがっていることから、今回の市長選は投票率があがることが予想されますね。

石川良三/春日部市長選挙の引退の可能性は?

石川良三氏が今回の選挙で万一落選したとした場合、引退する可能性はあると思います。

というのも、石川良三氏は現在70歳。4期にわたって市長を務められたこともあり、ご高齢です。

今回の選挙で落選してしまった場合、次回の任期満了に伴う市長選の際には石川氏は74歳になっています。

市長を務めるにはやはり体力は必要ですし、引退される可能性も大いにあるのではないでしょうか。

まとめ

石川良三氏は5選を目指し、春日部市長選に立候補されます。

市長として長らく春日部市の街づくりに携わってきた石川氏ですから、何としてもやり遂げたいという想いがあることでしょう。

前回の市長選ではわずか5票という僅差で岩谷氏に打ち勝ち、市のリーダーに就任された石川氏。

今回の市長選にも岩谷氏は立候補しており、激戦が予想される春日部市長選は見逃せません。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所