石下友彦/鹿沼市長選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

2020年5月24日に栃木県鹿沼市長選挙が開催されます。現在(2020年5月19日時点)、2名の候補者が鹿沼市長に立候補されています。

今回の記事では鹿沼市長に立候補されている2名の内の一人、石下友彦さんについて記事を書こうと思います。

・石下友彦さんの経歴
・石下友彦さんの家族
・石下友彦さんの年収

について記事をまとめていこうと思います。

 
 

スポンサーリンク

石下友彦/鹿沼市長選挙の経歴は?

栃木県鹿沼市長選挙に出馬される石下友彦さんのプロフィールは以下の通りになります。

名前:石下友彦(いしげともひこ)
生年月日:1972年9月19日
出身地:宇都宮市

石下友彦さんは1972年に宇都宮市に生まれ、宇都宮大学教育学部附属小学校、同中学校卒業を卒業されます。子供のころから健康で学校が好きだった石下友彦さんは小中学校で皆勤賞を獲得されます。

その後鹿沼高校に進学、自転車で往復2時間の通学を毎日続けたり、サッカーに本格的に打ち込むなどしますが、無事卒業されます。

高校卒業後は鹿沼に引越しをされ、社会人としての生活をスタートをされます。いろいろな出会いや経験を得て政治の世界に足を踏み込みます。

1996年に国会議員の秘書として政治の世界に飛び込み、公設第一秘書、政策担当秘書試験に合格し、政治の世界で活躍をされます。

とちぎ自民党国会議員秘書会会長としても活躍され、今回の鹿沼市長選挙で市政に挑戦されます。

 
 

スポンサーリンク

石下友彦/鹿沼市長選挙の家族は?

栃木県鹿沼市長選挙に出馬される石下友彦さんの家族は居るのでしょうか?ネット上やSNS上の情報を調べてみたのですが、詳細な情報は見当たらないですね…

石下友彦さんの公式サイトやFacebookにも家族の情報はないですね…

個人的な予想ですが、結婚されていれば奥さんとある程度大きなお子さんがいる4〜5人ほどの家族か、独身の可能性もあるかもしれませんね…

石下友彦/鹿沼市長選挙の年収は?

栃木県鹿沼市長選挙に出馬される石下友彦さんの年収の情報はあるのでしょうか?石下友彦さんは現在無職という情報があります。

そこで国会議員政策担当秘書をされていたときの年収を調べてみます。

国会議員政策担当秘書の年収は700万円〜1000万円以上となることもあるそうです。ですが、かなりハードな職業なので割に合わない部分もあるようです…残業代、休日出勤手当はなく、土日や深夜まで仕事と非常にキビシイ職場環境なので、正直な話割に合わない部分もあるようです。

まとめ

今回の記事では栃木県鹿沼市長選挙に出馬される石下友彦さんについて記事をまとめてみました。

今回の記事で分かったのは、

・石下友彦さんの家族の情報は見当たらない
・石下友彦さんの年収(国会議員政策担当秘書時代)の年収は700万円〜1000万円以上

以上です。
その他の詳細な情報が入り次第追記致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所