石塚ゆう/松戸市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

現松戸市長の任期満了に伴う松戸市長選挙(5月29日告知、6月5日投開票)が、今月29日から始まります。

今回の選挙では、4選目を目指す現松戸市長を含め、新人候補者10名の計11名が立候補を表明し、県内では過去最多の候補者による激戦が見込まれます。

そして、この記事では、その中の新人候補者の一人、石塚ゆう氏に関して、経歴や学歴、家族、年収、実績や評判、また、公約や立候補の理由などの情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

石塚ゆう/松戸市長選挙の経歴は?

石塚ゆう氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 石塚ゆう(いしづかゆう)
生年月日 41歳
出身地 千葉県松戸市
最終学歴 中央大学法学部通信教育課程
職業(前職) 代議士、参議院議員秘書
趣味 未公表

石塚氏は、高校を卒業後にいったんは社会に出ますが、その後、働きながら中央大学法学部の通信課程に在籍、5年かけて卒業しています。

また、会社経営などにも携わり、勤勉で誠実、責任感が強い人柄が伺えます。

スポンサーリンク

石塚ゆう/松戸市長選挙の学歴は?

石塚氏の学歴は、松戸市立松戸高等学校卒中央大学法学部通信教育課程卒になります。

出身高校は?

松戸市が36万市民の要望と教育百年の大計に基づいて設立、およそ40年の歴史を持つ学校です。

また、台湾やオーストラリアなどの海外研修を推奨し、世界に通用する人材を育てることに力を入れています。

出身大学は?

伝統と実績のある中央大学の法学教育を通信課程で受講する学部になります。

全体の80%以上が社会人で、法律の知識を仕事で役立てたいとして学んでいます。

法科の中央ならではの教員力と授業を展開し、通信教育でありがちな、学ぶことに関する難しさをできる限り軽減し、働きながらも学びやすい環境づくりをしているところが特徴です。

石塚ゆう/松戸市長選挙の家族は?

石塚氏の家族に関しての情報は見当たりませんでした。

しかし、石塚氏のFacebookやTwitterなどのSNSを拝見していると、ご高齢の婦人や子供と写っている写真があります。

想像の範囲でしかありませんが、石塚氏は年配者に対する思いやりが深く、また子煩悩な人柄のように見受けられます。

石塚ゆう/松戸市長選挙の年収は?

石塚氏は、元国会議員をやられていたようです。

国会議員の年収は930万円になります。

しかし、現在は、働きながら明地区こあら食堂の会の代表などをやっているようです。

石塚ゆう/松戸市長選挙の実績や評判は?

松戸市の地域活動に積極的に携わっている石塚氏、責任感が強く誠実で勤勉な同氏は、子どもから高齢者の方まで老若男女問わず、地域の住民に親しまれている人柄のようです。

石塚ゆう/松戸市長選挙の公約は?

石塚氏が提唱している公約は、以下の通りです。

【松戸デジタル都市構想】として、

・キテミテマツド等の空きテナント、ビル、空き家にIT企業、ブロックチェーン企業、エンジニアを誘致
・松戸トークンによる地域経済圏の創出
・IT,プログラミング分野の教育を充実
・マイナンバーと連動する松戸市総合生活支援ポータルサイトの開発
・行政手続きの電子化

《石塚ゆうの松戸八策》として、

1.さらに子育てしやすい松戸へ
・給食費・保育料の無料化
・図書館の整備
・公園の整備
2.若者が集う松戸
・デジタルコンテンツイベントの開催
・21世紀の森と広場をコスプレの聖地へ
・e-スポーツによる地域の活性化
・e-スポーツリーグの設立、年齢問わず楽しめる大会の開催
3.行政・市政の透明化で信頼できる松戸へ
・情報公開の徹底
・定期的な市政交流会の開催
4.シニアが元気に暮らす健康都市松戸へ
・空き家を活用した健康ステーションの設立
5.防災・防犯都市松戸へ
・自治会集会所の整備
・危険な道路、踏切の整備、改善
・通学路、危険個所に移動交番の設置
6.スポーツ都市松戸へ
・市立松戸高校スポーツ強化推進
・プロスポーツチームの誘致 プロ化チームの支援
7.市長退職金カット・給与50%削減
・身を切ることで市民に寄り添います
8.犬猫にもやさしい松戸
・ボランティア団体との連携強化
・幼い猫などの飼養の充実
・譲渡の推進

石塚ゆう/松戸市長選挙の立候補した理由は?

石塚氏から松戸市民へ向けたメッセージを見ると、石塚氏は、「若者・子どもに優しいまちづくりを!」というモットーを掲げているようです。

若者・子供が過ごしやすい町づくりをすることで、若い世代や子育て世代が集まって地域経済が活性化することにより、さらにまた若い子育て世代が松戸市に住み始めます。

こういった好循環を行える町にするため、自身の社会での経験を活かし立候補したようです。

石塚ゆう/松戸市長選挙の選挙結果は?

石塚氏の選挙結果ですが、松戸市議会議員選挙(2018年11月18日)で得票数:1,279票、松戸市議会議員選挙(2014年11月16日)得票数:826票と、右肩上がりのようですね。

このことから、石塚氏が松戸市長選挙へ向けて確実に実績を残していることが伺えます。

石塚ゆう/松戸市長選挙の引退の可能性は?

さて、石塚氏ですが、松戸市長選挙の引退の可能性はあるのでしょうか。今回初立候補ということで、引退の可能性は確実に低いでしょう。

まとめ

今回の選挙で松戸市長選挙に挑戦する石塚ゆう氏、41歳と若さ溢れる彼が提唱する公約は、未来の松戸市、未来の世代に向けた活気のある公約です。

今後松戸市が未来に向けて拡張・繫栄していくことを見越した石塚氏の政策に大きな期待が持てます。

ぜひ、がんばっていただきたいと思います。