石田仁/大垣市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う岐阜県大垣市長選挙(2021年4月11日告示、4月18日投開票)に無所属新人で前大垣市議会議員の石田仁氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、石田仁氏に関する情報をまとめています。

石田仁氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。


スポンサーリンク

石田仁/大垣市長選挙の経歴は?

名前:石田仁(いしだひとし)
生年月日:1961年7月22日
出身地:岐阜県大垣市
出身校:岐阜県大垣市立日新小学校 卒業
    岐阜県大垣市立西中学校 卒業
    岐阜県立大垣東高校 卒業
    日本体育大学 体育学部 体育学科 卒業
趣味:不明

石田仁氏は大垣市陸上競技協会理事長や大垣市西美濃農業協同組合理事などを歴任されており、2003年の大垣市議会議員選挙選挙で初当選され、5期連続で当選されています。

また、大垣市監査委員の他に、2015年~2016年には大垣市議会議長を務められています。

スポンサーリンク

石田仁/大垣市長選挙の家族は?

石田仁氏の家族構成は奥様お子様2人(長男、次男)の4人家族です。

石田仁/大垣市長選挙の年収は?

石田仁氏の年収について情報をまとめてみました。

・議員報酬553,000円×(12ヶ月)=6,636,000円
・期末勤勉手当553,000円×(4.5ヶ月)=2,488,500円

石田仁氏の大垣市議会議員時代の年収は上記合計の9,124,500円です。

石田仁/大垣市長選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは石田仁氏の選挙結果について書いていきます。

石田仁氏は2003年の大垣市議会議員選挙で初当選後、5期連続で当選されております。

初当選された2003年4月27日執行分及び直近に執行された2019年4月21日の同選挙においてトップ当選されています。

同選挙における投票率は平均40%台であり、今回の選挙においても同率程度の投票率が見込まれます。

まとめ

石田仁氏は地元である大垣市で生まれ育ち、2003年の大垣市議会議員選挙選挙で初当選されており、任期中には大垣市議会議長も務めれ、5期連続で当選されており、大垣市での知名度及び実績は申し分ありません。

また、今回の大垣市長選挙出馬に伴い、自由民主党岐阜県支部連合会より推薦を受けられています。

今回の選挙は現時点で4名が立候補されており、激戦の模様ですが、抜群の知名度と実績を最大限に活かし初当選を目指されます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所