井上稔朗/赤磐市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う赤磐市市長選挙(2021年3月21日告示、3月28日開票)が3月28日に開催されます。

前職の井上稔朗さんが再選を目指して立候補する移行を表明されましたので井上さんに関する情報をまとめています。

井上さんは赤磐市教育委員会の給食配送の不正などで混乱している赤磐市の信頼の回復、市役所の改修、子育て環境の改善など多岐にわたる分野での赤磐市の改革に意欲をもたれていらっしゃいます。

井上稔朗さんの

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

井上稔朗/赤磐市長選挙の経歴は?

井上さんのプロフィールを簡単に紹介します。

名前:井上稔朗(いのうえとしお)
生年月日:不明
出身地: 赤磐市
出身校:神戸大学
趣味 :不明

井上稔朗さんについて調査しましたが、生年月日趣味などの情報は見つかりませんでした。

しかし現職が美作東備森林組合ということ、風景の写真を投稿されていることから「自然」に関すること、散歩やカメラなどが趣味というイメージが浮かんできそうですね。

岡山県赤磐市で生まれ育った井上稔朗さんは神戸大学を卒業後あおぞら銀行に入行され、2005年から2009年の間赤磐市議を務められました。

その後2009年に赤磐市長選挙に初当選しましたが、2期目の当選を目指した2013年の市長選で落選…

現在もご自身の地元で森林組合のお仕事をされていることから、郷土愛が強い方なのではないかと予想できます。

スポンサーリンク

井上稔朗/赤磐市長選挙の家族は?

井上稔朗さんは既婚ということは公表していらっしゃいますが、ご家族のことは公表されておりません。

60代という年齢のことを考えると、30代から40代の子供さんがいてお孫さんもいらっしゃる可能性もありますね

神戸大学を卒業されているということから、奥様は岡山ではなく県外で出会った方なのかもと考えることもできそうです。

井上稔朗/赤磐市長選挙の年収は?

井上稔朗さんが現在務めておられる赤磐市東備森林組合の年収は平均328万円、60代だと約279万ほどになります。

ボーナスは49万円程で、林業の中では一番年収の低い働き方になります。

しかし役職がつけばそれなりの収入もありそうですね。

井上稔朗/赤磐市長選挙の選挙結果や得票率は?

初めて市長選に臨んだ2009年の得票率は67.64%14024票を獲得し市長選に初当選されています

2013年2期目の選挙で市長選に落選したときには、得票率65.01%、獲得票数11605票、トップにわずか482票差で落選しています。

一番新しいものになりますと、井上稔朗さんは無所属で出馬された2021年に行われた岡山県議選のデータによりますと、得票数35969、定数1,立候補者2名のうち得票率49.61%というなか自民党現職の西岡聖貴さんに2217票の差で落選しています

選挙への関心度の変化がうかがえるようです。

前回の市長選に続き、県議会選挙にも落選はしましたが、今回の市長選でご自身のもつ改革の意思が有権者の方に再び伝わるか見守っていきたいと思います。

まとめ

井上さんは数度の当選、落選を経験しつつもご自身の持つ不正を正していく、防災や子育て環境を改良していくという郷土への思いを強く持ち続けていらっしゃるようです。

何度もの挑戦を続け最終的に今回の市長選でその思いが市民に伝わるのか再び井上さんの真価が問われる場面になりそうです。

銀行勤務を経て全く違う環境の政治の世界に飛び込み時には涙をのみながらも政治家への道を諦めなかった井上さんに赤磐市の改革が託される日が来る日があるかもしれません。