井本宗司/大野城市長選挙の経歴は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

2021年大野城市長選挙が9月5日に行われます。現在の候補者は2名で、その1人が井本宗司さんになります。今回は井本宗司さんに関する情報をまとめていきたいと思います。

井本宗司さんの

・経歴
・家族
・年収
・実績や評判
・選挙結果

について記事に書こうと思います。

 
 

スポンサーリンク

井本宗司/大野城市長選挙の経歴は?

井本宗司さんのプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 井本宗司(いもとむねじ)
生年月日 1952年4月2日
出身地 福岡県大野城市
最終学歴 早稲田大学政治経済学部
職業(前職) 福岡県議会議員 福岡県議会警察常任委員長 九州国立博物館設置対策調査特別委員長 議会運営委員長
趣味 野球 ゴルフ 読書

井本宗司さんの出身は現在まで市長をされている福岡県大野城市です。

早稲田大学政治経済学部卒業後は政治家1本みたいですね。

その中で各方面で委員長をされていたということは、人を動かす?…または物事を判断する立場?…もしくはその両方をされていたと予想できますね。

井本宗司/大野城市長選挙の学歴は?

井本宗司さんの学歴は福岡県立筑紫丘高等学校卒業後、早稲田大学政治経済学部を卒業しました。

出身高校は?

井本宗司さんの出身高校は福岡県立筑紫丘高等学校になります。

偏差値65です。平均が50なので高レベルの高校ですね。

筑紫高校では1年目は基礎学習を、2年目は文系と理系に分岐します。そして3年目には私立文系コース国公立文系コース理系コースにさらに分岐します。多分進学に力をいれてるとしたらここでしょう。

大学合格実績を見ますと、大半が福岡大学に進学してるみたいです。

また、部活動では剣道部・陸上部・ソフトテニス部・ラグビー部がインターハイ出場をいう実績を残しております。

出身大学は?

井本宗司さんの出身大学は早稲田大学政治経済学部になります。

この学部ですが偏差値は70です。学科は3つに分かれており、

・政治学科…政治現象を科学的に把握すること
・経済学科…人間生存に必要なものを生み出し行き渡らせ、個々人の生活ひいては社会全体を支えている営みのあらわれであり、それを理解する
・国際政治経済学科…政治学・経済学の体系的な知識を使って、グローバルで多角的な視点から分析し、解決策を提案できるようにする

これを中心に学んでいくそうです。

また就職先では圧倒的なのは金融関係ですね。あとはマスコミ関係に行く人も多いみたいです。やはり大手金融機関の採用レベルってこんなに高いのですね。

 
 

スポンサーリンク

井本宗司/大野城市長選挙の家族は?

妻と息子1人と娘2人に母(89歳)でいるみたいです。

それ以外の情報はありませんでした。

井本宗司/大野城市長選挙の年収は?

井本宗司さん年収は

月収926,000円×12か月
期末手当
6月期926,000円×1.7か月
12月期926,000円×1.65か月
年収は14,214,100円になります。

各市長の年収と比べるとおそよではありますが、平均値にいると思います。

井本宗司/大野城市長選挙の実績や評判は?

井本宗司さんの評判ですが、シティーブランドランキング-住みよい街2017-九州・沖縄エリア1位を記録しています。

今回はそのときのインタビューをまとめたいと思います。

井本宗司さんが力を入れたところは

区画整理事業・街路事業により快適に生活できる住環境の整備
地域住民の拠り所である公民館やコミュニティセンターの整備
これにより「市民が主役」の「住みやすいまちづくり」
を進めてきました。

また保育所の拡充をと様々な子育て支援策と情報の発信に努め、子育てしやすいまちづくりにも力を入れてきました。

ランキングの評価の詳細を見るとやはり

生活の利便性生活のインフラ医療と介護・子育て街の活力が特に高評価を得ています。

このあとの公約ですが、簡単に書くと住みやすい街作りをすることが第一に考えていてそれが結果に残ったのかなを思います。

詳しくはこちらに記載されていますので、是非ご参照ください。

井本宗司/大野城市長選挙の公約は?

井本宗司さんの公約の特徴は一つの政策に対し未来で明確に分けていることです。

今…今の大野城市に必要な投資
未来…未来の大野城市のための投資

・心豊かに育つ街づくり 未来を担う子どもたちへ
今…地域で支える健やかな子育て
未来…青少年の社会参加の推進

・安全で安心な街づくり 市民の命と暮らしを守る
今…機能的で潤いのある都市空間の形成
未来…新たなまちづくりにつながる高架下空間の活用

・健やかに暮らせる街づくり 住み慣れた街で自分らしく
今…新型コロナウイルス感染症への適切な対応
未来…新しい生活様式の実践による感染予防

見ていてかなり分かりやすいですね。現状と次のステップまで明確に示している方はそうはいないと思います。

詳しくは後援会サイトに記載されているのでよかったらご参照ください。

井本宗司/大野城市長選挙の立候補した理由は?

井本宗司さんの立候補の理由ですが、こちらは後援会サイトにコメントされたものがありますので抜粋して書きたいと思います。

延期を余儀なくされた西鉄・高架化事業を見届け、来年の市制50周年において次代の根幹をなす芯を確固たるものにしなければならないという責任と使命を、コロナ下において痛切に感じています。デジタル社会到来のときに忘れものがないようにと。

政策の今と未来について書きましたが、そのまま理由になると思います。

やり残した政策…そして今は急速に変化しているデジタルに対応したいということでしょう。

井本宗司/大野城市長選挙の選挙結果は?

井本宗司さんの市長選挙の選挙結果についてですが、2005年に大野城市長選挙で当選しています。2位とは倍以上の投票数を得ての当選です。

元々支持のあった方だと予想できますね。それから現在まで無投票で当選されています。

井本宗司/大野城市長選挙の引退の可能性は?

井本宗司さんの引退の可能性についてですが、こちらも後援会サイトに重要…というか答えに近い一言が書かれていたので抜粋したいと思います。

私に残された時間がそんなに多くはないと自覚していますが…

恐らく落選しましたら、ほぼ引退と予想します。

個人的ではありますが16年も続けているのもあり、自身の中で区切りがつくまで続けてほしいかなという思いがありますね。

まとめ

今回は井本宗司さんについて書きましたが、自身の政策を進めていて外部からも評価されているというすごい方だと思いました。

残された時間は少ないと分かりつつ未来の自身の街について考え続ける姿勢には感銘を受けてます。

市長を決めるのは大野城市民ですが当選しましたら納得がいくまで政策を進めてほしいという思いが生まれました。