今村翔吾の家族や学歴は?年収や経歴も!

スポンサーリンク
人物

今回の記事では、小説家の今村翔吾氏について記事をまとめてみようと思います。

今村翔吾氏の

  • 経歴
  • 学歴
  • 家族
  • 年収

などについて記事をまとめていきます。

スポンサーリンク

今村翔吾氏の経歴や学歴は?

今村翔吾氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

今村翔吾氏の経歴は?

名前 今村翔吾(いまむら しょうご)
生年月日 1984年6月18日
身長 不明
出身地 京都府木津川市
最終学歴 関西大学文学部
職業 小説家
書店経営者

今村翔吾氏は京都府木津川市出身です。

小学5年生の時に奈良市の古書店で、池波正太郎の『真田太平記』に出会い夏休み中に読了。

その後も数多くの作家の作品を読み、小説家を志すようになったそうです。

20代の頃は父親である今村克彦の会社でダンスインストラクター、作曲家として働く傍ら、いつかは小説家になるという夢を持ち続けました。

その後も小説を執筆することはありませんでしたが、2013年から2014年にかけて大病を経験したことや、ある日生徒から言われた「翔吾くんも夢を諦めている」という言葉に決心し、2015年2月に会社を退職。

同年10月から守山市の埋蔵文化財センターで働きつつ、執筆活動と文学賞への応募を始めました。

2016年1月、『蹴れ、彦五郎』で第19回伊豆文学賞の小説・随筆・紀行文部門最優秀賞を受賞

同年3月に『狐の城』で第23回九州さが大衆文学賞の大賞・笹沢左保賞を受賞します。

同賞の選考委員を務めていた北方謙三氏が、今村翔吾氏に長編小説を書かせてみるよう祥伝社の編集者に推薦します。

この時に1ヶ月間で書き上げた作品が『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』であり、小説家デビューを果たします。

そして2021年10月に「予期せぬ本との出会いを提供し、文化のインフラとしての機能もある街の本屋を残したい」という思いから、廃業の危機にあった大阪府箕面市の書店「きのしたブックセンター」の事業承継を発表し、11月にリニューアルオープンしています。

今村翔吾氏の本名は?

今村翔吾氏の本名は「今村翔吾(いまむら しょうご)」です。

今村翔吾氏の学歴は?

今村翔吾氏の学歴ですが、奈良女子大学附属中等教育学校、関西大学文学部になります。

今村翔吾氏の出身高校は?

今村翔吾氏の出身高校は奈良女子大学附属中等教育学校です。

奈良女子大学附属中等教育学校(ならじょしだいがくふぞくちゅうとうきょういくがっこう:Nara Woman University Secondary School)は、奈良県奈良市東紀寺町一丁目にある国立中等教育学校です。

奈良女子大学の附属学校ですが、本校は男女共学の6年一貫教育です。

今村翔吾氏は、中学受験当時、猛勉強の末に立命館中学、奈良女子大学付属中学の両方に合格したのだそうですが、「自主、自立」の校風に惹かれて奈良女子大附属を選んだのだとか。

奈良女子大附属中学校の偏差値は66で、本当に勉強ができないと入れない学校です。

今村翔吾氏は、こちらに在学時はスキー合宿実行委員長、中学高校合同文化祭実行委員長などリーダー的役割を果たして充実した学校生活を送っていたそうです。

参考:奈良女子大学附属中等教育学校

今村翔吾氏の出身大学は?

今村翔吾氏の出身大学は関西大学です。

関西大学(かんさいだいがく、英語: Kansai University)は、日本の私立大学です。

大阪府吹田市に本部を置きます。

略称は関大(かんだい)です。

今村翔吾氏は文学部に在籍していました。

大学2年生の時に父の今村克彦氏が設立したダンススクール、「関西京都今村組」の二代目に就任しています。

このスクールで子どもにダンスを教えていたところ、「先生も夢を諦めているじゃないか」と言われ、作家を目指し始めたそうです。

参考:関西大学

今村翔吾氏の家族は?

今村翔吾氏は独身です。

しかし、2012年に一般女性の方と結婚されています。

元奥様のお名前は「美月」さんです。

今村翔吾氏さんよりも9歳年下だそうで、今村翔吾氏が28歳の時(2012年)にご結婚されています。

しかし、作家としてデビューする前には離婚したと明かしています。

美月さんとの間にはお子さんはいないようです。

今村翔吾氏は再婚は諦めていない、との事なので、この先再婚・出産があればメディアで取り上げられるかもしれませんね。

今村翔吾氏のお父様も有名な方で、「今村克彦」氏です。

今村克彦氏は関西京都今村組というダンス集団を率いて全国を飛び回っているそうですが、実は元ヤンキー小学校教諭の経験もあるそうです。

今村翔吾氏の年収は?

今村翔吾氏の年収については情報はありませんでした

今村翔吾氏は32歳で作家になり、わずか5年で直木三十五賞受賞という快挙を成し遂げられています。

著書も多く、たくさん受賞されています。

作家としての活動以外にもテレビやラジオなどのメディア出演も多くあるので、本の印税以外にも多く稼がれていると考えられます。

まとめ

今回の記事では、今村翔吾氏について記事をまとめてみました。

ダンススクールのインストラクターから作家、そして書店経営者と、異色の経歴を持つ今村翔吾氏ですが、だからこそ面白い本が書けるのではないでしょうか。

今村翔吾氏の今後の活躍に期待です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物