池沢隆史/西東京市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

今年の西東京市市長選の目玉候補は、以前西東京副市長をしていて、さらに現職の丸山浩一市長の後継者にという強い勧めもある池沢隆史さん(61)でしょう。

育ちも西東京で、ずっと地元ですごしてきました。地元の小中学校に行き、高校は都立保谷高校、そして同志社大学を卒業して、旧保谷市役所に入りました。その後、旧田無市との合併に力を入れた方だそうです。

この方は地元の方だということですが、どんな方なのかこれから見ていきたいと思います。

 
 

スポンサーリンク

池沢隆史/西東京市長選挙の経歴は?

池沢隆史さんの略歴

1959年現在の西東京市に生まれる。
地元の小中学校を卒業
都立保谷高校卒業、同志社大学卒業、保谷市役所に就職
田無市との合併に力を注ぎ、その後企画や財務の仕事を長くしてきたそうですが、高齢者支援課長、教育部長もされている。
現在西東京市副市長
趣味は山登り、バイク、ジョギング、料理

池沢隆史さんは、地元で育って地元に尽くしているという感じがする方です。

なんと39年間も西東京市のために仕事をしてきたそうです。いろいろな仕事をしてきたので経験が豊富であることを言っておられます。

おまけにすでに8年間副市長をされてきているということで、この方に勝って市長になるのは大変だろうなあと思います。

本人の政治信条は、 
1.利他の思いを大切に
2.住み続けたいと思えるまちに西東京市
3.現場からの経験に学ぶ
4.子供にやさしいまちづくり
5.人がつながるー集える場とつながりのあるまち
6.どんな時でも前向きに立ち向かいたい

ということです。

 
 

スポンサーリンク

池沢隆史/西東京市長選挙の家族は?

池沢隆史さんには奥さんと、娘さんが3人おられます。すでに娘さんは全員ご結婚しており、お孫さんが5人いらっしゃるそうです。

池沢隆史/西東京市長選挙の年収は?

昨年11月の広報西東京によると、副市長の月収は87万7千円ということです。市長になっても、99万円だそうです。そのほかに期末手当てが年に4.2ヶ月分支給されます。

池沢隆史/西東京市長選挙の選挙結果は?

今年2011年2月7日に選挙が行われれるので、選挙結果はまだ出ていません…

参考までにですが、前回の西東京市長選挙の投票率は32.9%でした。

まとめ

池沢隆史さんは、39年間ずっと西東京市で働いてきました。大学時代だけ関西に行かれたのでしょうか。

市政のことはなんでもご存知のようなので、何も問題ないのではないでしょうか。

でも、選挙の対抗には、今まで逗子市市長を3期されている平井竜一さん(54)が出馬されるようです。

すでに市長を3期勤めていたということですが、逗子と西東京では全く住人が違います。

このまま頑張って頂きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所