飯田佳宏/港区長選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

6月7日に行われる港区長選挙選候補の飯田佳宏。

いったいどんな人物なのか気になる人も多いはずですよね。

この記事ではそんな飯田佳宏氏の経歴や家族、年収などについて紹介したいと思います。




続きを読む

飯田佳宏/港区長選挙の経歴は?

港区長選挙候補の飯田佳宏氏のプロフィールや経歴は以下の通りです。

名前:飯田 佳宏(いいだ よしひろ)
生年月日:1973年3月22日生まれ
出身地:北海道
出身校:北海学園大学経済学部二部経営学科卒業
趣味:電動キックボード、三輪バイク

大学に在学中では、自身で自営業として運送業や解体工などを経験。

その後は自ら港区エンジニアリング合同会社の起業し、実業家としても奮闘されています。

また、ベンチャー起業投資やソフトウェア会社の顧問なども務めるなどビジネスマンとしての才覚を持っておられます。

今はウーバーイーツの請負業やデリバリーサービス業なんかにも力を入れておられます。

政治活動としては、衆議院議員の公設第一秘書に携わったことをきっかけに農林水産委員会、法務委員会、災害特別委員会、科学技術特別委員会等各種委員会で質疑、質問資料作成等の業務を行うなど、国会サポートを仕事を行っていました。

また、2015年には札幌市長選挙に出馬、2016年には参院選挙に出馬するなどたびたび選挙に立候補されています。




続きを読む

飯田佳宏/港区長選挙の家族は?

港区長選挙候補の飯田佳宏氏の家族についてはどうなのでしょうか。

調べてみると、飯田氏はまだお子さんがおられないようです。
お母さんとのインスタグラムの写真を投稿された際、孫はまだですというハッシュタグをつけておられました。

また、子供と乗っている電車の動画をインスタグラムで上げておられましたが、自分の子じゃないよとコメントされています。

結婚についても分かりませんが、活動やインスタグラムを見るにまだ 独身じゃないかなと予想しています。

飯田佳宏/港区長選挙の年収は?

港区長選挙候補の飯田佳宏氏の年収はどれくらいなのでしょうか。

飯田佳宏氏は自分の会社を持っていること、ベンチャー企業への投資をしていることから最低年収1000万はいっていると思います。

無所属新人で参議院選挙や札幌市長選挙にも出るあたり、お金を持っていないとなかなか出れませんからね。

ちなみに、今回の選挙で港区長になると、港区長等の給料等に関する条例から見るに区長の月額が 124万9500円です

なので港区長就任するだけでも年収がおよそ 1500万円もらえるようになります。

うらやましい金額ですよね~。




続きを読む

飯田佳宏/港区長選挙は誰の秘書?

港区長選挙候補の飯田佳宏氏は公設第一秘書経験がありますが、いったい誰の秘書だったのでしょうか。

ネット上では公開されておりません。

なお、議員秘書リストは「国会議員要覧」の購入で知ることが出来ます。、

飯田佳宏/港区長選挙の選挙結果は?

只今調査中

まとめ

港区長選挙候補の飯田佳宏氏についてまとめますと、以下の通りです。

・飯田佳宏氏は実業家で独身の可能性あり
・たびたびいろんな選挙戦に出馬
・年収は推定1000万で港区長になれば年収1500万

いったいどんな選挙戦になるのか、飯田佳宏氏がどうなるのか注目ですよね。

以上、港区長選挙候補の飯田佳宏氏の経歴や家族、年収などについて紹介しました。