井原健太郎/柳井市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う柳井市長選挙(2021年2月21日告示、2月28日投開票)に現職の井原健太郎氏が4選を目指して立候補する意向を表明されましたので井原氏に関する情報をまとめています。

井原健太郎氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

井原健太郎/柳井市長選挙の経歴は?

名前:井原 健太郎(いはら けんたろう)
生年月日:1974年7月28日
出身地:山口県熊毛郡田布施町
出身校:早稲田大学政治経済学部卒業
趣味:読書、スポーツ全般にチャレンジすること

大学卒業後は2年間アメリカ合衆国に留学され、2003年より民主党の平岡秀夫衆議院議員の秘書を務められていました。

2008年、翌年の柳井市長選挙に出馬するため、平岡秀夫衆議院議員事務所を退職。

2009年3月1日投開票の柳井市長選挙に無所属で出馬し、12,491票を獲得し、初当選されました。

2013年、無投票で再選。

2017年、元会社役員の新人を破り3選。

 
 

スポンサーリンク

井原健太郎/柳井市長選挙の家族は?

井原氏には奥様と、2人の娘様がいらっしゃるようです。

しかし一般人のためかこれ以上の情報はありませんでした。

井原健太郎/柳井市長選挙の年収は?

柳井市のホームページによると

78.3万円(月収)×12ヶ月=939.6万円
939.6万円+賞与203万円(2.6ヶ月)=1142.6万円

さらに4年の任期を満了される度に1879万円の退職手当が発生します。

井原健太郎/柳井市長選挙の選挙結果は?

柳井市長選挙は2021年2月28日に開催予定です。

ちなみに前回の柳井市長選挙の投票率は55.61%でした。

まとめ

今回の柳井市長選挙では他に新人で元証券会社員の下村太郎氏が立候補されています。

井原氏は今後の政策について、従来より掲げている将来都市像「市民の力で支えあい、一人ひとりが主役の笑顔あふれるまち柳井」の実現に向けて、市政を推進していかれると説明されています。

その為の具体的な政策として、学校設備の強化、公共交通機関の整備、道路網の整備、南浜遊休地の利活用を進めていかれるようです。

知事
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所