福田あきら/越谷市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う越谷市長選挙(10月24日告示、10月31日投開票)に市議の福田あきら氏が立候補する意思を表明されましたので、福田氏に関する情報をまとめています。

福田あきら氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

福田あきら/越谷市長選挙の経歴は?

福田あきら氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 福田晃(ふくだあきら)
生年月日 1975年5月28日
出身地 埼玉県越谷市
学歴 法政大学法学部法律学科卒業
職業(前職) 越谷市議会議員(一般社団法人越谷フットボールクラブ代表理事など)
趣味 写真、書道、赤色のグッズ集め

福田あきら氏の経歴は以下の通りになります。

1975年 男ばかりの3人兄弟の末っ子として 越谷市で産まれました。
1994年 埼玉県立越谷高等学校理数科卒業
1998年 法政大学法学部法律学科卒業
2000年 現在の伊藤忠テクノソリューションズ株式会社に入社
(事業部最年少課長、社長賞など受賞)
2010年 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社退社
2011年 越谷市議会議員選挙初当選
2015年 越谷市議会議員選挙2期目当選
2016年 株式会社サン・エフ・プロジェクトを起業
(空き家管理など)
2019年 一般社団法人越谷フットボールクラブ代表理事に就任
越谷市議会議員選挙3期目当選

     

また福田あきら氏は、小学校の頃からサッカーを始めて越谷フットボールクラブに小1~小6・社会人で所属、中学・高校時代はサッカー部で埼玉県代表選抜選手に選ばれ、現在のJリーグ2部所属である水戸ホーリーホックに1997年から1999年まで所属されていました。

社会福祉士など10個以上の資格を持ち、地域の一員として、越谷市スポーツ少年団本部長・越谷市サッカー協会副会長・越谷フットボールクラブ代表理事、越谷消防団新方分団第2部に所属、新方地区コミュニティ推進協議会などの活動もされています。

福田あきら/越谷市長選挙の学歴は?

福田あきら氏の学歴は以下の通りになります。

    ・1988年 越谷市立桜井南小学校卒業
    ・1991年 越谷市立越谷北中学校卒業
    ・1994年 埼玉県立越谷北高等学校卒業
    ・1998年 法政大学法学部法律学科卒業

出身高校は?

越谷北高等学校は、越谷市にある埼玉県内でトップレベルの県立高校になります。

偏差値は67-68で、東大・一橋大・お茶の水女子大などの難関大学にも合格者を輩出し、指定校推薦も充実しています。

部活動も盛んで、9割近くの生徒が部活に所属しており、多くの部活が県大会や全国大会に出場しています。

出身大学は?

法政大学は、東京都に本部を置く私立大学になります。

法学部は市ヶ谷キャンパスにあり、日本で最初の私立法学校「東京法学社」の伝統を受け継いでいる学部になります。

偏差値は60で、法律学科・政治学科・国際政治学科で構成されており、法律だけではなく、現代社会の問題と情勢を踏まえた政治や国際政治も学ぶことができます。

スポンサーリンク

福田あきら/越谷市長選挙の家族は?

福田あきら氏の家族は以下の通りになります。

妻・息子二人の4人家族で、チワワ2匹と暮らしています。

奥様や息子お二人の詳しい情報は見当たりませんでしたが、ブログやツイッターでご家族のこともたまに掲載されております。

息子さんは小学生でしょうか?仲のいい家族という印象を受けますね。

福田あきら氏の子供のころのお写真が、ご自身の公式サイトにて掲載されており、そこにご家族の写真も含まれていました。

福田あきら氏は、男3人兄弟の末っ子のようですね。

 
 

福田あきら/越谷市長選挙の年収は?

福田あきら氏の年収について情報をまとめてみました。

越谷市の公式サイトの情報によると、越谷市議会議員の年収は以下の通りになります。

月収:57万5千円x12か月=690万円
期末手当:310万5千円
年収:690万円+310万5千円=
1000万5千円

福田あきら氏は他にも地域の活動をされているので、それ以外の収入もあるかもですが、上記以外の詳しい情報は見当たりませんでした…

福田あきら/越谷市長選挙の実績や評判は?

福田あきら氏の実績は、ご自身の公式サイトにて活動ごとにまとめられております。

・内水ハザードマップの作成と公開
・小中学校のエアコン導入
・ゴミの戸別収集制度である「ふれあい収集制度」の条件緩和を実現
・児童発達支援センターにおけるペアレントメンター制度を提案し、市独自での取り組みに発展
・しらこばと第二運動場の人口芝生の提案し、市長公約として採用
・桜井地区センターの駐車場の拡張
・学生消防団(機能別団員)の導入

水害対策は、市議会no1の実績がございます。

など、ご自身の地元・越谷市民のことを、とても大切に活動されているという印象を受けますね。

福田あきら氏の評判についての情報は見当たりませんでした…

個人的な予想になりますが、市議以外にも地域の活動で沢山の市民と会話をされてることから、かなり評判のいい方という印象を受けます。

福田あきら/越谷市長選挙の公約は?

福田あきら氏の越谷市長選挙の公約は、ご自身の公式サイトやTwitterにて内容ごとにまとめられております。

まずはコロナ禍から、命・子ども・経済・くらしを守り、コロナ禍の先の未来を考えた公約という印象を受けますね。

個人的にも、「排水ポンプ増強」などで災害に強く、障がいのある子どもも地域の小学校で学べる支援や、ケアラー支援条例などどの市民も住みやすい街になり、全国に広がればいいなと思います。

福田あきら/越谷市長選挙の立候補した理由は?

福田あきら氏が越谷市長選挙に立候補した理由を検索したのですが、理由についての詳しい情報は得られませんでした…

福田あきら氏は、記者会見で「命と暮らしを守る」「子どもが輝く社会を創る」「地域循環型社会で活性化する」と3つの取り組みを話されました。

また、福田あきら氏が政治家になった理由として、菅厚生労働大臣が薬害エイズにおいてその責任を国に認めさせた時に、「政治家が正しいことをすれば多くの人が救われる」と思われたからだそうす。

個人的な予想になりますが、メッセージに書かれている「笑顔・感動・感謝あふれるまち越谷、安全、・安心が実感できるまち越谷」を目指して、越谷市がバージョンアップ(進化)させるために、立候補したのだと思います。

福田あきら/越谷市長選挙の選挙結果は?

ここではこ福田あきら氏の選挙結果について書いていきます。

福田あきら氏の選挙結果は以下の通りになります。

2011年 越谷市議会議員選挙2105票で初当選(投票率39.76%)
2015年 越谷市議会議員選挙2753票で当選(投票率38.99%)
2019年 越谷市議会議員選挙2888票で当選(投票率35.48%)

福田あきら氏は現在3期目になります。

越谷市長選挙の結果を見てみますと

2005年 立候補者4名で当時現職の板川氏が当選。投票率は40.74%でした。
2009年 立候補者3名で新人の高橋氏が当選。投票率は35.98%でした。(板川氏は3期務められた後退任)
2013年 立候補者3名で現職の高橋氏が当選。投票率は31.73%でした。
2017年 立候補者2名で現職の高橋氏が当選。投票率は26.77%でした。

市議会議員選挙も市長選挙も半数を切っています。

今回の越谷市長選挙は、現職の高橋氏は出馬せず、元市議とNPO法人役員・会社役員の新人4名の戦いになり、投票率も上がるかもですね。

福田あきら/越谷市長選挙の引退の可能性は?

福田あきら氏の引退について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、福田あきら氏は市議や地域の活動もされて、現知事や現市長の応援もあるので、引退の可能性はないと思います。

まとめ

福田あきら氏は、大学卒業後、元水戸ホーリーホックのサッカー選手として活動、IT企業でサラリーマンの経験し、現在は越谷市議会議員3期目になります。

10個以上の資格を持ち、スポーツ少年団の本部長など地域での活動もされており、とても積極的で行動力のある人だなという印象を受けました。

そのような経験や活動内容から、子どもや親などから意見も沢山聞かれてると思います。

いのちと暮らしを守り、未来を創るために、これからも市民と共に、越谷市をバージョンアップさせるための活動を個人的にも期待しております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所