細谷美恵子/行田市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

細谷美恵子/行田市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

今回の記事では2023年4月16日告示、4月23日投開票予定の行田市長選挙に出馬予定の細谷美恵子氏について記事をまとめていきます。

細谷美恵子氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

細谷美恵子/行田市長選挙の経歴は?


細谷美恵子氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 細谷美恵子(ほそやみえこ)
生年月日 63歳
出身地 埼玉県行田市
最終学歴 中央大学法学部卒
職業(前職) 行田市議会議員
趣味 旅先の市場めぐり、料理

細谷美恵子氏は高校を卒業後、中央大学へ入学し無事に卒業されます。

大学在学中に政治の影響力を実感し、市議を熱心に支援する祖父の影響等もあり政治家を目指すことを決意されます。

大学卒業は広告代理店に勤務し、その後結婚を機に夫の仕事の都合で2度に渡り渡米し現地の大学に通うようになります。

帰国後は銀行に勤務し、その後法律を学ぶために中央大学法学部へ入学し無事に卒業されます。

教育相談員として生徒と触れ合う中で子育てには教育環境が重要と実感し政治の道に進みます。

2015年行田市議会議員選挙を機に本格的に政治の道を歩み始め、同年及び2019年の市議会議員選挙に出馬し当選を果たしています。

非常に勉強熱心、子育て熱心という印象を受ける経歴です。

政治の影響を知るからこそ充実した教育環境を整えるために政治家として活動していると思われます。

細谷美恵子/行田市長選挙の学歴は?

細谷美恵子氏は埼玉県立熊谷女子高等学校卒中央大学法学部を無事卒業されています。

出身高校は?

埼玉県立熊谷女子高等学校は1911年に開校した100年以上の歴史のある伝統進学校です。

進学実績が非常に高く多くの卒業生が、国公立大学や有名私立大学への進学を果たしています。

運動・文学両面で部活動も活発であり、陸上競技部は2006年・2010年に全国高校駅伝に出場しているほか、「美術部」「チアリーディング部」も全国大会に出場経験があります。

参考:埼玉県立熊谷女子高等学校HP

出身大学は?

中央大学は日本の有名な私立大学の一つで、多くの学部・研究科を持ち、人文科学・社会科学・法学・経済学・商学・理工学・スポーツ科学などの幅広い分野に力を入れています。

「学問の自由」を重視した教育として学生は自らの興味や関心に応じて、幅広い分野の授業を選べることや、多様な就職支援を行っており企業との関係を強化することで、多様な就職先を提供しています。

また細谷美恵子氏が入学した法学部は「法科の中央」と呼ばれ、日本の私立大学を代表する法学部として名高い評価を受けています。

参考:中央大学HP

細谷美恵子/行田市長選挙の家族は?

細谷美恵子氏のご家族ですが長男次男4人家族です。

細谷美恵子/行田市長選挙の年収は?

細谷美恵子氏の年収について情報をまとめてみました。

行田市の市議会議員に関しては行田市の公式サイトにて公表されていますのでそちらを参考に下記にまとめました。

月収:40万×12=480
期末手当:約160
480万+期末手当160万=640

参考資料:行田市公式サイト「令和3年度給与・定員管理等の状況」より

細谷美恵子/行田市長選挙の実績や評判は?

細谷美恵子氏の実績はご自身の公式サイトにて活動をまとめられています。

行田市議会議員での主な実績として災害対策として利根大堰へのライブカメラの設置、避難所して校舎の解放や放課後児童対策として学童保育施設の増設と待機児童の解消などの改善に取り組んでいます。

地元の問題や生活に密接しているところをしっかりと政策として提案して解消に努めているのが印象的です。

細谷美恵子氏の評判に関しては情報は得られませんでした

個人的な予想ですが市議会議員として堅実に市民の生活向上に努めていますので評判が良い印象を受けます。

細谷美恵子/行田市長選挙の公約は?

細谷美恵子氏の政策ですがご自身の公式サイトにて以下のように挙げています。

民間を取り込み産業を育成します

安心・安全を積極的に進めます

子育て・教育を熱く支援します

交通利便性向上へ積極的に取り組みます

住民サービスの向上に取り組みます

上記政策の詳しい内容はこちら「ほそや美恵子」

外からの知識や知恵を市政に取り入れて大きな転換点として行田市を盛り上げたい印象を受けました。

特に交通利便性向上のデマンドタクシーに関しては運転手の高齢化に伴う免許返納促進のために全国的に展開できるように頑張って欲しいですね。

細谷美恵子/行田市長選挙の立候補した理由は?

細谷美恵子氏の立候補した理由ですが情報は得られませんでした

個人的な予想ですがご自身の公式サイトで述べられている以下のことが理由かなと思います。

行田市は、首都圏にありながら、少子高齢化と人口減少が止まりません。

それは長い間「民間目線」の「広い視野」に立った政策に乏しく、「チャレンジする勇気」がないままで来たからです。

前回の市長選では、やっと民間出身の市長が誕生し、本市にも転機が訪れました。

しかし、このチャンスに民間の知恵や活力を十分生かしきれず、現在に至っています。

行田市の大事な「転換期」には「フレッシュ」で「ダイナミック」で「しなやかに」挑戦する新たな原動力が必要です。

私は、行田市が過去に「戻る」ことなく、力強く挑戦しつづける「進む」まちに変わるよう、全力を尽くして参ります。

行田市の現状では今後悪い方向に行くこと防ぎつつ進むためには大きなエネルギー必要と感じているので自分が経験してきたことを活かして今までなかった外からの知識や知恵を市政に活かしたくて立候補したのだと思います。

細谷美恵子/行田市長選挙の選挙結果は?

細谷美恵子氏の選挙結果ですがこれまで2度、2015年、2019年の行田市議会議員選挙で当選しています。

それぞれの選挙結果は以下の通りです。

2015年行田市議会議員選挙 投票率53.90% 得票1313票 当選

2019年行田市議会議員選挙 投票率52.66% 得票1869票 当選

初出馬で初当選や2度目の選挙でも順調に得票を伸ばしているのがわかります。

2度目の選挙では得票を大きく伸ばしていますので市民への信頼が増しているのも感じられます。

細谷美恵子/行田市長選挙の引退の可能性は?

細谷美恵子氏の引退の可能性に関しての情報は得られませんでした

個人的な予想ですがこれまでの行動を見る限り政治活動を続けるのではという印象を受けましたので引退の可能性は低いと思います。

まとめ

活動内容や実績などを見ていると非常に行動的で活発な方なのでエネルギーを感じる方でした。

市政がこれまで硬かったところを大きく変えて変換するには大きな力が必要だと思います。

行動力を活かして外からの風を吹かしていただいて市政をよりよい方向に変える活動をこれからも頑張って欲しいと思います。