星野稔/沼田市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う群馬県の沼田市長選(2022年4月17日告示、24日投開票)で、沼田市議で元議長の星野稔氏が立候補を表明しました。
こちらのページでは、星野稔氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

星野稔/沼田市長選挙の経歴は?

星野稔氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 星野稔(ほしのみのる)
生年月日 1966年生まれ(誕生日不明)
出身地 群馬県片品村
最終学歴 国士舘大学卒業
職業(前職) 沼田市議会議員
特技 蕎麦打ち

星野稔氏は1966年に群馬県片品村にて生まれ、国士舘大学で政治学を学んだのち、平成3年(1991年)から群馬県議秘書を務めました。

2003年に37歳で市議会議員に初当選し、以降5期市議を務めており、2016年には市議会議長を務めています。

ちなみに、特技は蕎麦打ちで、20代の頃に東京の名店で修行した経験があるようです。

星野みのる氏 Facebook
星野みのる氏 Instagram

星野稔/沼田市長選挙の学歴は?

星野稔氏の卒業高校は群馬県立沼田高等学校、大学は国士舘大学を卒業しています。

出身高校は?

群馬県立沼田高等学校は群馬県沼田市に所在する県立高等学校であり、沼高(ぬまこう)の通称で呼ばれています。

群馬県下では歴史の長さは県下の公立高校としては群馬県立前橋高等学校に次ぐ伝統校であり、著名な卒業生には将棋棋士の藤井猛さん、陸上選手でロス五輪に出場し陸上男子10000m7位に入賞した金井豊さんなどがいらっしゃいます。

出身大学は?

星野氏が入学した国士舘大学は、1958年に設置された私立大学です。元来は青年期における人間形成を目的とした中等教育機関として発足しており、大学としての歴史は比較的浅い大学です。

卒業後の進路としては公安系職種への就職が多い傾向にあります。大学ランキング2017年版(AERAムック)採用ランキングによると、国士舘大学は自衛官10位、警察官2位、消防士1位とのことです。

また、体育学部があることもあり、特に大学全体でスポーツに力をいれており、柔道では五輪金メダリスト、サッカーではJリーガーも輩出しています。

スポンサーリンク

星野稔/沼田市長選挙の家族は?

家族構成についてですが、ご家族それぞれのお名前等の詳細の情報は見当たりませんでした。

また、お子様についての記述はありませんでした。

星野稔/沼田市長選挙の年収は?

現在の星野稔氏の収入に関する情報は得られませんでしたが、星野氏はこれまで沼田市議を5期務めています。

参考として、沼田市議会議員の給与月額は305,000円との記載がありました。

群馬県沼田市の人口・財政・選挙・議員報酬|政治山

このことから、沼田市議会議員の給与を年収に換算すると、

305,000円 ✕ 12ヶ月 = 3,660,000円

期末手当が6月に月額*222.5%=678,625円、12月に月額*217.5%=663,375円の2回支給されますので、おおむねの年収は合計で5,002,000円の計算となります。

(参照:市議会議員定数・報酬に関する調査結果:令和2年12月31日現在)

ちなみに、過去議長を務めていた時には議長としての月額給与(426,000円:2016年当時)が上記の形で計算されています。

スポンサーリンク

星野稔/沼田市長選挙の実績や評判は?

星野氏の実績についてですが、先述の通り、2016年から2年間市議会議長を務めていました。

その他の活動としては、沼田市議会議員としての活動の中で会派『沼田創生会』の副会長を務めています。

沼田創生会は公明党沼田市議団との連立活動を行っており、持続可能なまちづくりへの提言活動として会報誌の定期的な発行を行っています。

星野氏はFacebook・Instagramでも、日々の活動について自ら積極的な発信をされています。

市民との対話を中心にした日々の活動内容を発信しており、活動をオープンにしている印象を受けますね。

星野氏の評判についての詳細な記事などは見当たりませんでしたが、これまで出馬し続けた市議会選挙では比較的高い得票率で当選している点、また市議会でも議長を務めていたという経験から考えても、星野氏本人の実力を評価する支持者は多いように思われます。

星野稔/沼田市長選挙の公約は?

星野氏は出馬会見にて公約を掲げており、星野氏のFacebook等でも確認が可能です。

公約には、地域協議会を設置するなど地域主体のまちづくりに取り組むほか、市内の豊富な自然を活かした森林観光の推進などを掲げています。

Facebook 等で表明している星野氏の「7つの約束」は以下の通りです。

1.「市民が主役」の市政
2.安心・安全な子育てを実現
3.人生100年時代へ
4.市長自らがトップセールス
5.観光
6.雇用確保
7.便利で優しい暮らしの実現

10年先を見越した上で『市民が主役・対話の市政』をモットーにした政策を掲げており、長期に渡った計画を持った活動を行っている印象を受けます。

星野稔/沼田市長選挙の立候補した理由は?

星野氏は立候補表明の際、沼田市において少子高齢化・人口減少が急激に進んでいる点を強く意識しており、次世代につながるバトンを渡すために政治の責任が求められているという点を自身のFacebook上で強調しています。

自身のこれまで5期務めた市議としての経験を基に、「対話の市政」を実現すべく、立候補に至ったようです。

なお、今回星野氏は無所属での出馬を表明していますが、Facebookで確認する限りでは、後援会にて自民党の林幹雄衆議院議員や、二階俊博衆議院議員から激励を受けていることを報告しています。

星野稔/沼田市長選挙の選挙結果は?

過去、星野氏は市議選に5回出馬しています。

5度出馬している市議選の結果は以下の通りです。

沼田市議会議員選挙
(2003年04月27日投票)
投票率:71.63% 1,580.250 票(当選)
沼田市議会議員選挙
(2007年04月22日投票)
投票率:73.99% 1,576.260 票(当選)
沼田市議会議員選挙
(2011年04月24日投票)
投票率:65.38% 1,754.810 票(トップ当選)
沼田市議会議員選挙
(2015年04月26日投票)
投票率:65.75% 1,195.740 票(当選)
沼田市議会議員選挙
(2019年04月21日投票)
投票率:58.52% 1,602.773 票(当選)

星野稔/沼田市長選挙の引退の可能性は?

星野稔氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

市民との積極的な交流を行っており、市政に生かしたいと考えているであろう今の活動状況も考えると、現時点で引退を考えている可能性はないと思います。

まとめ

今回の市長選では、現職の横山公一氏が不出馬を表明した一方、計3名の候補が出馬を表明しており、いずれも元市議の島田康弘氏、星野妙子氏、そして星野稔氏が出馬を表明しており、三つ巴の選挙戦となります。

3名以上の立候補者で競われる市長選は8年ぶりとなり、かなりの混戦模様です。これまでの現職横山氏の市政に対し、新たなリーダーを選ぶうえで何を重要視するかが今回の選挙の注目点となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所