星浩/NEWS23の兄弟や妻娘息子は?高校・学歴も!

スポンサーリンク

今回の記事では、「NEWS23」のスペシャルコメンテーターとして活躍しているジャーナリストの星浩氏について記事をまとめていこうと思います。

星浩氏の

・経歴
・学歴
・年収
・家族

などについて記事をまとめていきます。

星浩の経歴や学歴は?

星浩氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

星浩の経歴は?

名前 星浩(ほしひろし)
生年月日 1955年7月29日
身長 不明
出身地 福島県白河市
最終学歴 東京大学教養学部卒業
職業 ジャーナリスト
TBS「NEWS23」スペシャルコメンテーター
元朝日新聞社政治部特別編集委員

星浩氏は、1955年7月29日に福島県白河市に生まれました。

幼い頃は、サッカーが好きだったようです。

活発な少年だったのだと思われます。

福島県の田舎で育ったため、漠然と海外に行きたいと考えていたようです。

新聞記者としてワシントン特派員を務めていた時期もありますので、幼少期の考えが影響しているかもしれませんね。

高校は、福島県立福島高等学校を卒業しています。

その後、東京大学教養学部に進学し、1979年に卒業しています。

経歴については以下の通りです。

1979年 朝日新聞社 入社
1985年 東京本社政治部記者
2000年 政治担当編集委員
2004〜2006年 東京大学大学院特任教授
2013年 特別編集委員
2013〜2015年 テレビ朝日「報道ステーション」コメンテーター
2016年 朝日新聞社 退社
2016〜2020年 TBS「NEWS23」メインキャスター

朝日新聞社に入社し、政治部記者・特別編集委員などを務めました。

2016年にTBS「NEWS23」メインキャスターに就任したため、朝日新聞社を退社しています。

現在は、TBS「NEWS23」のスペシャルコメンテーターを務めています。

星浩の本名は?

星浩氏は、本名で活動されているようです。

星浩の学歴は?

星浩氏の学歴ですが、福島県立福島高等学校卒東京大学教養学部卒になります。

星浩の出身高校は?

星浩氏の出身高校は、福島県立福島高等学校です。

福島県立福島高等学校は、1898年設立の公立学校です。

偏差値71(2022年時点)で、福島県内で1番の偏差値が高い学校です。

自主学習を重視して、生徒の自律生を育む教育が行われているようです。

参考:福島県立福島高等学校 ホームページ

星浩の出身大学は?

星浩氏の出身大学は、東京大学です。

東京大学は、1877年に設立された国立大学です。

教養教育(リベラルアーツ)を重視していて、その後興味のある専門分野を学んでいくカリキュラムが組まれています。

研究交流が活発に行われていて、東京大学が支援して誕生したベンチャー企業は430社以上(2021年3月時点)あります。

参考:東京大学 ホームページ

スポンサーリンク

星浩の仕事は?

星浩氏は、「NEWS23」のスペシャルコメンテーターを務めています。

番組内で、マイナンバーカードについて発言されていました。

星浩氏は、給付金が迅速に支給できるなどメリットがあると考えているようです。

マイナンバーカード普及については、日本はマイナポイントで普及を図っています。

持ってると得ですよという方法より、先進国で行われている持っていると損するというアプローチの方が普及につながるとコメントしていました。

先進国と日本を比較しながら、政策の問題点などを解説されています。

コメンテーターとしては賛否あるようですが、メディアに出る以上は多少の批判があるのは仕方ないのかもしれませんね。

 

講演は、日本の政治の展望などをテーマにされることが多いようです。

朝日新聞社では記者として、首相官邸、自民党、外務省などを担当していましたので、その経験が活かされているのかなと思います。

 

星浩氏は、2019年に「永田町政治の興亡 権力闘争の舞台裏」を出版されています。

権力闘争、政権交代など平成の政治について政治記者の視点から書かれているようです。

星浩の家族は?

星浩氏の家族は、妻・子ども3人・孫がいるようです。

奥さんは敬子氏というお名前のようです。

星浩さんは、お孫さんを可愛がっているという情報がありました。

お孫さん存在が、お仕事の原動力になっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

星浩の年収や月収は?

星浩氏の年収は、1,310万円と予想しました。

年収を予想した根拠について解説していきます。

星浩氏は、

・コメンテーター
・講師
・作家

などを務めています。

 

コメンテーターのギャラは1回平均5万円ほどのようです。

星浩氏は、メインキャスターを務めていた経験もありますので、1回7万円ほどと予想しました。

ラジオなどにもゲスト出演があると思いますので、月10回ほど出演していると仮定します。

月収 7万円×10回/月=70万円
月収 70万円×12ヶ月=840万円

星浩氏のコメンテーターとしての年収はおよそ840万円と予想されます。

 

講師について予想いていきます。

星浩氏の講演の出演料は、31〜60万円と思われます。

出演料35万円、月に1回ほど出演していると仮定します。

35万円×12ヶ月=420万円

星浩氏の講師としての年収はおよそ420万円と予想されます。

 

作家について予想していきます。

作家の平均年収は150〜300万円ほどのようです。

星浩氏は頻繁に著書を出版しているわけではありませんので、作家としての収入はおよそ50万円と予想しました。

 

コメンテーター 840万円
講師 420万円
作家 50万円
年収 1,310万円

 

他にも収入があるかもしれませんが、星浩氏の年収はおよそ1,310万円と予想されます。

 

参考:テレビコメンテーターのギャラの相場はいくら?

参考:講演料金の目安「あの講師はいくらで呼べる?」

参考:小説家の年収は150~300万円!小説家として生計を立てることは可能?

まとめ

今回の記事では、星浩氏について記事をまとめてみました。

星浩氏は、新聞記者を経て、主に政治分野でのコメンテーターとして活躍しているです。

これからもコメンテーターとしての活躍を期待しています。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所