堀内千保/小諸市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年3月31日告示、同年4月7日に投票が実施される小諸市長選挙に、堀内千保氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、堀内千保氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

堀内千保/小諸市長選挙の経歴は?

堀内千保氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 堀内千保(ほりうち ちほ)
生年月日 1974年12月1日
出身地 長野県小諸市
最終学歴 京都大学文学部
職業 外務省
趣味 サイクリング・囲碁

堀内千保氏は、1974年12月1日に長野県小諸市で生まれました。

幼少期を同市で過ごし、高校は長野県立上田高校を卒業しています。

大学は京都大学文学部に通い、卒業後は外務省入省に入省し、政治の世界で活躍しています。

2023年3月に退官し、市長選挙に臨んでいます。

堀内千保/小諸市長選挙の学歴は?

堀内千保氏は、長野県立上田高等学校を卒業しています。

その後、京都大学文学部で学問に励みました。

出身高校は?

堀内千保氏が通った、長野県立上田高等学校は、1874年にルーツがある非常に伝統のある高校です。

「試百難」の心構えとして、以下の3項目を主軸に置いた教育を展開します。

一、困難から逃げない
一、周到な準備をする
一、最後まで粘り抜く

県内随一の公立の進学校で、卒業後は多くの生徒が大学に進学します。

出身大学は?

堀内千保氏は、京都大学文学部に入学・卒業しています。

京都大学は、元帝国大学として伝統ある学校です。

明治2年に起源がある学校で、全国的にも有名な国立大学です。

高い倫理性に支えられた「自由の学風」を重んじ、学問の根幹となる研究を重視して最先端の教育及び研究を行っています。

多くの著名人が卒業した大学で、堀内千保氏は文学部で学問に励みました。

堀内千保/小諸市長選挙の家族は?

堀内千保氏の家族に関しては、夫との2人家族という点以外は情報が得られませんでした。

堀内千保/小諸市長選挙の年収は?

堀内千保氏は、外務省の職員として長期にわたり活躍をしました。

外務省職員の平均年収は約666万円との情報がありますが、同氏のキャリアを考えると平均以上の収入を得ていたのではないかと考えられます。

堀内千保/小諸市長選挙の実績や評判は?

堀内千保氏は、大学卒業後そのまま外務省に入省し、2023年まで活躍しました。

その間、様々な重要な立場を担ってきましたが、悪い噂やトラブルに関する話題は見つかりませんでした。

同氏の誠実に政治に取り組む姿勢が感じられます。

堀内千保/小諸市長選挙の公約は?

堀内千保氏が小諸市長選挙における公約は明言されていません。

同氏の公式ホームページ上では、小諸市で取り組みたい事項として以下の3項目を挙げています。

・誰もが自分が歩む道を自分で選べる公正な(フェアな)社会を実現
・市民の幸福度が高い、人が集う、活気とさらに魅力ある小諸に
・市民の安全と安心を守る行政、透明で開かれた市政を

堀内千保/小諸市長選挙の立候補した理由は?

堀内千保氏が小諸市長選挙に立候補した理由としては、地元報道の取材に対し、「地方政治の閉塞感に風穴を開け、政治を市民にもっと近づけ、将来に希望のもてる社会にしていきたい」との考えを述べています。

堀内千保/小諸市長選挙の選挙結果は?

堀内千保氏は、これまで選挙に立候補した経験がありません。

堀内千保/小諸市長選挙の引退の可能性は?

堀内千保氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏は小諸市が出身地であり、地元への貢献の意志は固いのではないかと考えられます。

長期間中央の政治世界で培った経験を、地方政治において発揮したいと考えるのではないでしょうか。

まだまだ若い世代である点も踏まえると、引退の可能性は低いと考えられます。

まとめ

以上、堀内千保氏について小諸市長選挙との関連で紹介してきました。

長期間外務省で活躍してきた経歴を持つ同氏は、地方政治に対する危機感を強く持ち、改革を推し進めたいと考えていると思われます。

同氏が市長になった際は、市民が過ごしやすい政策の展開が期待できるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長