比田勝尚喜/対馬市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年2月25日告示、同年3月3日に投票が実施される対馬市長選挙に、比田勝尚喜氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、比田勝尚喜氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

比田勝尚喜/対馬市長選挙の経歴は?

比田勝尚喜氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 比田勝尚喜(ひたかつ なおき)
生年月日 1954年9月15日
出身地 長崎県対馬市
最終学歴 西日本短期大学
職業 政治家
趣味 剣道

比田勝尚喜氏は、1954年9月15日に長崎県対馬市(当時は上対馬町)で生まれました。

西日本短期大学を卒業後、上対馬町役場に職員として活躍します。

市区町村の統廃合により対馬市に改称された後も、同市で職員として勤務します。

2013年に副市長に就任し、2016年に市長選挙に立候補、見事当選しています。

現在は市長2期目で、同市の運営に継続して着手しています。

比田勝尚喜/対馬市長選挙の学歴は?

比田勝尚喜氏は、出身高校は不明です。

大学は、西日本短期大学に入学・卒業しています。

出身高校は?

比田勝尚喜氏の出身高校については公開されていませんでした。

出身大学は?

西日本短期大学は、1948年に創設された私立短期大学です。

短期大学としては珍しく法学系の学科であるビジネス法学科があります。

比田勝尚樹氏がどの学部に入学したのかは不明ですが、政治家となっている現在を鑑みると、ビジネス法学科である可能性が高いです。

外国語教育に力を入れており、中国やベトナムからの留学生も多く交流が盛んです。

比田勝尚喜/対馬市長選挙の家族は?

比田勝尚喜氏の家族に関する情報は、公開情報が見つけられませんでした。

比田勝尚喜/対馬市長選挙の年収は?

比田勝尚喜氏は、現在2期目の対馬市長を担っています。

対馬市長の年収は、以下のように予想されます。

月額報酬 800,000円
期末手当 800,000×3.0(概算)=2,400,000
年収 800,000円×12か月+2,400,000=12,000,000円

比田勝尚喜/対馬市長選挙の実績や評判は?

比田勝尚喜氏は、2016年に市長に当選し、現在2期目です。

汚職などの悪い評判は聞こえてきていません。

近年では、核廃棄物の受け入れ先の打診について拒否の姿勢を示しており、賛否両論が巻き起こっています。

比田勝尚喜/対馬市長選挙の公約は?

比田勝尚喜氏が対馬市長選挙における公約は明言されていませんが、地元記事の取材への応対などの情報を確認すると以下のような思いを持っていると考えられます。

・核廃棄物の受け入れの断固拒否
・対馬市の発展と地域活性化

地元対馬への貢献の気持ちが強い市長であることが伺えます。

比田勝尚喜/対馬市長選挙の立候補した理由は?

比田勝尚喜氏が対馬市長選挙に立候補した理由としては、地元紙の取材に対し、「いま一度、対馬市の発展や地域活性化に尽力したい」と回答しています。

対馬市の現状を憂い、より住みやすく活性化された町を目指す気持ちが伝わってきます。

観光業などを通して、往来する人をもっと増やしたいと考えている考えもみられます。

比田勝尚喜/対馬市長選挙の選挙結果は?

比田勝尚喜氏は、2020年の対馬市長選挙で2期目の当選を果たしています。

投票日:2020年3月1日
投票率:63.23%
得票数:13,811票

比田勝尚喜/対馬市長選挙の引退の可能性は?

比田勝尚喜氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

かなり高齢であることを考えると、近々引退する可能性も否定できません。

しかし、剣道を趣味として心身の鍛錬を欠かさない人柄を考えると、まだまだ現役として活躍する姿も想像に難くありません。

まとめ

以上、比田勝尚喜氏について対馬市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、地元に近い短期大学を卒業した後、対馬市の職員として長年勤務しています。

その後副市長を経て市長に就任した、まさに対馬市に貢献する一生を過ごしている方です。

対馬市のことを第一に考えた政治運営が期待できる、信頼のおける市長であると感じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長