ヒラノマリ/スリープトレーナーの経歴や学歴は?年収や家族についても!

スポンサーリンク

今回は、日本で唯一、アスリート専門の睡眠パーソナルトレーナー「スリープトレーナー」として活躍される、ヒラノマリ氏について記事をまとめたいと思います。

ヒラノマリ氏の

・高校や大学
・経歴
・年収
・家族

などの情報を調べていこうと思います。

ヒラノマリの経歴や学歴は?

ヒラノマリ氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

ヒラノマリの経歴は?

名前 ヒラノマリ(ひらのまり)
生年月日 1990年11月23日
身長 153㎝
出身地 東京都
最終学歴 日本大学法学部・卒業
職業 スリープトレーナー

ヒラノマリ氏は、3歳~8歳までを、アメリカのロサンゼルスで過ごします。

帰国後は日本の学校へ通いますが、文化の違いを強く感じ、環境に馴染めないことへのストレスから、小学生の段階で不眠症を経験。

中学や高校では、受験勉強などの影響から睡眠時間を取れないことに悩みを覚えたことも。

幼少期からの夢で、弁護士を目指していたヒラノマリ氏ですが、睡眠について考える機会も多く、就職活動では衣食住のうち住に関わる仕事を志し、大手のインテリア会社へ進みます。

入社2年目にして、全国の寝具売上ランキング8位に輝くなど活躍。

その顧客は小学生から80歳代、一般人から会社役員、大使館の大使など多岐に渡り、ベッドや寝室全体のコンサルティングを経験。

社会人時代、元々スポーツ観戦が好きだったことから、テレビでサッカーのクラブワールドカップを観戦。

海外の有名強豪クラブ相手に渡りあう、日本人アスリートの姿に感銘を受け「こういう人たちと仕事をしたい」と思ったことがきっかけとなり、2017年より現在のスリープトレーナーとしての活動に取り組んでいます。

現在までに、オリンピック出場選手やプロアスリートなど、多数の顧客を抱え、高い評価を得ています。

ヒラノマリの本名は?

ヒラノマリ氏は、本名で活動していると考えられます。

しかし、漢字での正しい表記などは、現在のところ公表されていませんでした。

ヒラノマリの学歴は?

ヒラノマリ氏の学歴ですが、出身高校は非公表、日本大学法学部卒になります。

ヒラノマリの出身大学は?

ヒラノマリ氏は、元々は弁護士を目指していたことから、日本大学の法学部を卒業しています。

日本大学は、日本最大の規模を有する私立総合大学として知られ、卒業生総数も学生数も日本の大学全体で第1位を誇る。

創立以来、「自主創造」を理念として掲げています。

スポンサーリンク

ヒラノマリの仕事は?

ヒラノマリ氏は、スリープトレーナーを仕事としています。

先述の通り、スポーツ観戦で得た感動から、自分にできることは何か?と考え抜いたヒラノマリ氏。

自身の不眠症の経験や、寝具の営業販売で身に付けた睡眠に関わる知識を、アスリートのパフォーマンス向上に役立てられるのではないか?という発想に至ります。

スポーツ業界の人脈ゼロから開始し、Instagramで営業をかける、SNSで睡眠に関するコツを発信し続けるなど、地道な営業を繰り返すことで、長い時間をかけてコンタクトを得ることに成功。

業務内容としては寝具選びから始まり、睡眠のデータ収集を通して睡眠の傾向を分析し、眠り方の工夫や入浴時間のアドバイスなども行うことで、短時間でリラックスして眠りに付けるような環境を作り上げること。

選手1人1人に合わせたカルテを作成するため、アスリートフードマイスタースポーツ医学検定など、様々な資格を取得し、契約選手の全試合をチェックすることも欠かさないのだとか。

試合も観戦することで、選手本人が口にしない変化にも先回りして気付き、アドバイスを行うことで信頼関係が築けるのだと言います。

主な顧客に野球選手Jリーガー、オリンピック選手では、卓球の平野美宇選手などがいます。

ヒラノマリの家族は?

ヒラノマリ氏は、家族については非公表となっています。

独身であるか否かはもちろん、両親のお話も、今のところ詳しくは確認できていません。

スポンサーリンク

ヒラノマリの年収や月収は?

ヒラノマリ氏は日本で唯一のスリープトレーナーとなります。

ですので、ご本人が公表しない限り、正確な年収は誰にもわからないと言えますね。

が、参考までにトレーナーと呼ばれる職業の年収を調べてみました。

スポーツジムなどで働くトレーナーの年収は300~400万円とされています。(参照:スポーツトレーナーの気になる?年収・給料・収入)

ただ、ヒラノマリ氏はプロ選手と直接、専属契約を結んでいると考えれらます。

契約期間や内容、選手の結果に左右されてしまう部分もあると思いますが、その他、メディア出演や講演、コラム執筆等の収入も考慮すると、800~1000万円くらいにはなるのでは、と予想しています。

まとめ

今回の記事では、ヒラノマリ氏について記事をまとめてみました。

普段、何気なく取っている睡眠にも、こうしたプロが存在しているということから、睡眠の大切さに気付かされますね。

今後のヒラノマリ氏は、スリープトレーナー育成なども考えているようですから、注目しておくと、私たちの生活の質の向上にも繋がることが、多く得られるかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所