平井孝征/いわき市議会議員の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

福島県いわき市議会議員選挙が9月13日に開催されます。

告示日は9月6日、定数37人に対し今の所6人の立候補が予想されています。

今回は、その中の1人で真っ先に立候補を表明した新人、平井孝征さんについて記事を書いてみたいと思います。

平井孝征さんの

・経歴
・家族
・年収など

について記事をまとめてみたいと思います。

 
 

平井孝征/いわき市市議会議員選挙の経歴は?

いわき市市議会議員選候補の平井孝征さんの経歴は以下の通りです。

名前:平井 孝征(ひらい たかまさ)
生年月日:1981年9月1日
出身地:千葉県流山市
出身校:千葉県立流山南高等学校
趣味:囲碁(アマ8段)柔道(初段)マラソン、読書、スポーツ観戦、Youtube
尊敬する人:坂本龍馬
好きな言葉:為せば成る 為さねば成らぬ 何事も
有する資格:情報処理応用情報技術者、PMP(Project Management professional)、簿記3級、日本棋院A級囲碁普及指導員

高校卒業後、2年間囲碁インストラクターを務め、その後旅行会社の営業職にいたそうですが、その際ITの重要性を認識しNTT系列のIT会社に転職、システム開発や運用に携わっていたそうです。

現在平井孝征さんはいわき市に住んでいますが、旅行会社に勤めていた際に福島の良さに魅せられ、しかしその後東北の震災により福島が大きなダメージを受け、その被害は千葉県にも拡大した事にいてもたってもいられなくなり、福島を立て直したいと思った、というのが理由だそうです。

 
 

スポンサーリンク

平井孝征/いわき市市議会議員選挙の家族は?

平井孝征さんの家族についての記載は見当たりません。

親御さんは流山市に住んでいるのだろうと思いますが、平井孝征さん自身は信念をもって福島入りしていますから、福島の復興を見届けるまで自身の事は、という思いもあるかも知れませんね。

福島のさまざまな場所で撮影した画像をひんぱんに投稿しており、福島を愛しているのがよく伝わります。

平井孝征/いわき市市議会議員選挙の年収は?

前職がシステムエンジニアという事ですが、システムエンジニアの平均年収は約500万ほどだそうです。

仕事の特殊性に対して年収が低いと感じる人も多いらしく、近年はフリーランスで働く人もいるそうです。

ただ、平井孝征さんの場合は現職としての記載はありません。

スポンサーリンク

まとめ

東北の震災を機にいわきに移住した平井孝征さん。

現在は囲碁の趣味を活かし、学童保育の子供たちに囲碁を教えたりしているようです。

その地に移住しても、その地域になじみ、その地域の住民の為に活動するというのは、出来るようでなかなか出来ない事ではないかと思います。

平井孝征さんの画像の投稿を見ると、観光地だけではなく、子ども食堂の方や地元主催のマラソン大会や近所のクリーニング屋さんなど、現在の福島を伝え、復興の一助にしていきたい思いが伝わる画像がたくさんあります。

市議会議員になれたら、復興への思いをもっと大規模に形にしていけるかもしれませんね。

選挙の結果に注目したいと思います。