武智秀生/箕面市議会議員選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

2020年8月23日に箕面市議会議員選挙が開催されます。

箕面市議会議員選挙には多数の方が立候補されていますが、そんな候補者の一人の武智秀生さんについて記事を書こうと思います。

武智秀生さんの


・経歴
・家族
・年収

について記事をまとめてみます。

 
 

スポンサーリンク

武智秀生/箕面市議会議員選挙の経歴や年齢は?

箕面市議会議員選挙候補の武智秀生さんの経歴は以下の通りです。

名前:武智秀生(たけち ひでお)
生年月日:1964年(月日不明)
出身校:駒澤大学経済学部経済学科
居住地:大阪府箕面市
出身地:東京都新宿区
職歴:
箕面市議会議員2期
昭和電工エデュポン(株)
タケチ工業ゴム(株)副社長
タケチラバーインダストリー
マレーシア執行役員

武智秀生さんは職歴の中で、自分の名前のつく会社を2つ持っているところを見ると経営者として長けているのかもしれません。

また、マレーシアの執行役員になったりなど、活動は国内だけに留まりません。

 
 

スポンサーリンク

武智秀生/箕面市議会議員選挙の家族や結婚についても!

武智秀生さんの家族に関する情報は見つかりませんでした。

武智秀生さんの年齢が50代ということを考えれば、結婚していたとすれば、お子さんが20代のぐらいになられていて、お孫さんがいる可能性があるかもしれませんね。

ひょっとして、独身の可能性もあるかもしれないですね。

武智秀生/箕面市議会議員選挙の年収は?

職歴に記載の箕面市議会議員の年収について調べてみました。

箕面市議会議員の平均年収は、577,700円(月額)×12+577,000円×4.15ヶ月(賞与)=932万9895円だそうです。

まとめ

本記事では武智秀生さんのプロフィール、家族、年収について触れていきました。

武智秀生のFacebookを見てみると、コメント欄ではほぼ英語でやり取りしているようでした。

マレーシア執行役員であることも踏まえると相当英語のできる人物であることが見受けられます。

地域振興という面では海外交流もできるという点で、英語ができるというのは大きな強みになるかもしれませんね。

いろいろな候補者のいろいろな背景や考えを聞いて、今の日本の現状を知って、候補者も主権者の箕面市民や大阪府民ももちろん大阪府以外に住んでいる方も有意義な選挙運動、政治への関心へとつなげていってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市議会議員
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所