迫俊哉/小樽市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う小樽市長選挙(2022年07月31日告示、2022年08月07日投開票)に現職の迫俊哉氏が2選を目指して立候補する意向を表明されましたので迫氏に関する情報をまとめています。

迫俊哉氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

迫俊哉/小樽市長選挙の経歴は?

名前 迫 俊哉 (はざま としや)
生年月日 1958年8月18日
出身地 小樽市
最終学歴 高度経済大学経済学科卒業
職業(前職) 生活環境部参事
趣味 主に野球。他にも読書、クロスカントリー、太鼓・筝の演奏

迫俊哉氏について調査しましたが、難関と言われる高校・大学を卒業していると分かりました。

また、趣味が多数あることから様々な事に興味や関心を持ち、チャレンジしてみるという強いチャレンジ精神を持った方だとうかがえます。

スポンサーリンク

迫俊哉/小樽市長選挙の学歴は?

迫俊哉氏の学歴は、北海道小樽市潮陵高等学校卒高崎経済大学経済学科卒になります。

その後、小樽市役所に入庁し総務部長、教育部長などを歴任しました。

出身高校は?

北海道小樽市潮陵高等学校はほとんどの人が大学への進学を目指す進学校です。

北海道大学・一橋大学・大阪大学といった難関国公立大学、早稲田大学・慶應義塾大学・明治大学などの私立大学に多数の合格者を出している学校です。

出身大学は?

高崎経済大学は群馬県高崎市上並榎町に本部をおく国立大学です。

海外提携高を多数有しており、また就職率も99%と非常に高い就職率を誇っています。

迫俊哉/小樽市長選挙の家族は?

迫俊哉氏は一男二女五人家族です。

スポンサーリンク

迫俊哉/小樽市長選挙の年収は?

小樽市議会議員の年収は、調べてみると以下の通りになりました。

月給983,000円×12ヶ月=11,796,000円
期末手当2,25ヶ月=1,813,635円(2020年実績)
11,796,000円+1,813,635円=13,609,635円

過去の情報から予想すると、年収は約1360万ほどとなります。

その他にも収入があるかもしれませんが、その他の収入に関する情報を得ることは出来ませんでした。

迫俊哉/小樽市長選挙の実績や評判は?

2018年8月26日の選挙に出馬し、当選しています。

評判について、調べて見ましたが情報は得られませんでした。

私個人の意見になりますが、「市長への手紙」という市民の声を届けられるサイトを作るなど、市民との関わりを大切にした活動をしているので、おそらく評判はかなり良いのではないかと思います。

迫俊哉/小樽市長選挙の公約は?

選挙公約については以下の項目を重点にしているようです。

1.次世代をはぐくむまち
2.すべての人にやさしいまち
3.にぎわいと活力あるまち
4.未来を見すえたまち

引用元:https://www.hazama-toshiya.jp

市民の方々を第一に考えた公約という印象を受けますね。

個人的には、様々な状況下におかれる子どもたちのことを考えた、次世代をはぐくむまちに期待したい所存です。

迫俊哉/小樽市長選挙の立候補した理由は?

迫俊哉氏が北海道小樽市長選挙に出馬した理由を調べてみましたが、情報を得ることは出来ませんでした。

以下の言葉を、2018年の市長就任後の挨拶で発言していました。個人的な予想になりますが、この言葉が出馬の理由ではないかと思います。

「これからの小樽の将来、未来というのを今からしっかりと考えていかなければいけない、そういう思いで引き続き、小樽市の将来、未来へしっかりとチャレンジしていきたいなと思っております。」

引用元:https://www.city.otaru.lg.jp/docs/2020120600223/

迫俊哉/小樽市長選挙の選挙結果は?

2018年8月26日に初出馬し、初当選しています。

投票率は47.05%で、票数は36,351票でした。

迫俊哉/小樽市長選挙の引退の可能性は?

2022年2月21日(月)に小樽経済センター(稲穂2)5階会議室で、迫俊哉小樽市長は、2期目の市長選挙立候補を表明する記者会見を開いているので、引退の可能性は無いと思われます。

まとめ

迫俊哉氏について調べてきましたが、市民のことを考えている方だということが伝わりました。

迫俊哉氏は自身の公式サイトでこう綴っています。

「私自身も市民の皆様との「対話」や、様々な「現場」訪問を心掛けて重ね、市民の皆様の立場に立った市政運営とはどうあるべきか自問を繰り返し出来ました。行政だけでまちづくりを進めることはできません。」

このように市民の声に寄り添い、市民の声を聞いて小樽市をより良くしていこうという考えを持つ迫俊哉氏は2022年8月6日に行われる選挙でも高い支持率を得るのではないかと思います。