早川尚秀/足利市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う栃木県足利市長選挙(2021年4月18日告示、4月25日投開票)に無所属で元栃木県議会議員の早川尚秀氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、早川尚秀氏に関する情報をまとめています。

早川尚秀氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。




続きを読む




早川尚秀/足利市長選挙の経歴は?

名前 早川尚秀(はやかわなおひで)
生年月日 1972年6月6日
出身地 栃木県足利市
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
職業(前職) 元栃木県議会議員
趣味 旅行、映画鑑賞、ドライブ

早川尚秀氏は大学卒業後、地元金融機関にて主に渉外を担当されていました。2001年にお父様の急逝に伴い退社されています。

2003年に栃木県議会議員に初当選後は、5期18年に亘り同議員を務められています。また、第106代栃木県議会議員議長を始めとして各種委員会の役職も歴任されています。

早川尚秀/足利市長選挙の学歴は?

早川尚秀氏の学歴は私立桐蔭学園高等学校卒早稲田大学政治経済学部卒になります。

出身高校は?

桐蔭学園高校は、横浜市にある私立高校であり、アクティブラーニング型授業や未来への扉という名の探究など先進的な取り組みをしており、多くの有名大学に進学しているという実績もあります。

出身大学は?

早稲田大学は、東京都新宿区に本部を置く私立大学であり、日本の私立大学の中でも歴史の長い大学です。

政治経済学部からは政治家、法学部からは法律家、文学部からは作家や文化人が誕生し、数多くの優秀なOB・OGを輩出しています。




続きを読む




早川尚秀/足利市長選挙の家族は?

早川尚秀氏の家族構成については奥様お子様2人(一男一女)4人家族です。

早川尚秀/足利市長選挙の年収は?

早川尚秀氏の年収についてまとめました。

栃木県の公式サイトによると栃木県議会議員の年収は次の通りです。

市長給料 830,000×12ヶ月=9,960,000円
期末手当 830,000×3.4ヶ月分=2,822,000円

早川尚秀氏の栃木県議会議員時代の年収は上記合計の12,782,000円と予想されます。

早川尚秀/足利市長選挙の選挙の実績や評判は?

早川尚秀氏の実績については、ご自身の公式サイトにまとめられています。→ http://www.hayakawa-n.jp/message/index.html

早川尚秀氏の評判についての情報は存在しないので、個人的な見解になりますが、SNSの投稿に対してのコメント数等から、評判は上々であると思います。

早川尚秀/足利市長選挙の選挙の公約は?

早川尚秀氏の選挙公約はこちらになります。→ http://www.hayakawa-n.jp/policy.html

郷土・足利市&栃木県の『魅力と底力』をもっと引き出し、県南の中核都市としての確立を図るべく各種公約を掲げられています。

早川尚秀/足利市長選挙の選挙の立候補した理由は?

早川尚秀氏は足利市議有志及び足利市選挙区の自民党県議の要請を受けられており、県議時代、県内の首長が必死に要望活動する姿を見てきたが足利市の姿はなかった。

新型コロナウイルス対応も他市町のような独自策はなく、状況を変えなければいけないと発言されており、今回の選挙に立候補した理由の1つであると考えられます。

早川尚秀/足利市長選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは早川尚秀氏の選挙結果について書いていきます。

早川尚秀氏は2003年の栃木県議会議員選挙で初当選され、5期18年にわたり同議員を務められています。

直近の同選挙においては無投票での当選であったことから、2015年4月12日執行の同選挙では13,008票を獲得されトップ当選を果たされています。投票率は48.23%でした。

早川尚秀/足利市長選挙の引退の可能性は?

早川尚秀氏は今回の選挙が初出馬になりますが、落選されたとしても、年齢的にも引退される可能性は低く、次回の同選挙及び栃木県議会議員選挙にに立候補される可能性もあると思われます。

まとめ

早川尚秀氏はコロナ関連の情報は市民に正確かつ迅速に届けて、ワクチン接種では高齢者の会場までの足を確保する。

コロナ以外の最優先は子育て支援であり、足利市は出生数が激減している。

放課後児童保育の拡充や高校3年までの医療費無償化などで働く世代をサポートすることを表明されており、5期18年の栃木県議会議員の実績もアピールされて初当選を目指されます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所