波戸勇則/川棚町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う川棚町長選挙(2022年9月6日告示、9月11日投開票)に町議会議員の波戸勇則氏が立候補する意向を表明されましたので、波戸勇則氏に関する情報をまとめています。

波戸勇則氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

波戸勇則/川棚町長選挙の経歴は?

名前 波戸勇則(はといさのり)
生年月日 1963年12月6日
出身地 川棚町
最終学歴 不明
職業(前職) 川棚町議会議員
趣味 不明

波戸勇則氏は、川棚町出身です。

2011年に川棚町議会議員に初当選し、現在まで3期務めています。

2019年からは川棚町議会の副議長を務めています。

また、認定こども園みつばこども園の理事長・副園長でもあります。

2022年には、初めて川棚町長選挙に出馬を表明しました。

波戸勇則/川棚町長選挙の学歴は?

波戸勇則氏の、学歴に関する情報は見つかりませんでした。

出身高校、出身大学ともに不明です。

スポンサーリンク

波戸勇則/川棚町長選挙の家族は?

波戸勇則の家族についてですが、がいるようです。

妹の波戸江美子氏は、認定こども園みつばこども園の園長をされています。

ご兄妹で保育園を経営されているようですね。

波戸勇則氏自身の家族についての情報は見当たりませんでした。

独身の可能性も既婚の可能性もありそうです。

波戸勇則/川棚町長選挙の年収は?

波戸勇則氏の、年収について書いていきます。

波戸勇則氏は、川棚町議会議員の副議長を務めています。

副議長の収入については、川棚町の議員報酬に関する条例がありました。

月収:251,000円×12ヶ月=3,012,000円
期末手当基礎額:251,000円×1.15=288,650円
期末手当:288,650×2.625ヶ月=757,706円
年収:3,769,706円

波戸勇則氏の副議長としての収入は約377万円と予想されます。

波戸勇則氏は、認定こども園みつばこども園の理事長・副園長を務めています。

保育園の副園長の平均年収は、約600万円と予想されます。

波戸勇則氏の年収は、川棚町議会議員の副議長と保育園の副園長の収入を合わせると、約977万円と予想されます。

参考:川棚町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例

波戸勇則/川棚町長選挙の実績や評判は?

波戸勇則氏は、

川棚町議会の副議長
・総務厚生委員会
石木ダム対策調査特別委員会
・議会広報校長特別委員会の委員長

などを務めています。

川棚町議会では以下のような事業をおこなっています。

・介護予防「みんなでかわろーで」
・産後ケア 心のケアや育児サポート
・がん患者等の外観ケア
・骨髄等提供者の支援
・子ども医療助成事業
・地域おこし協力隊事業
・しおさいの湯利用促進事業
・川棚高等学校支援事業
・片島魚雷発射試験場跡 文化材登録申請事業
・急傾斜地崩壊対策事業

その他には、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用して、プレミアム商品券事業や観光客を呼び込む事業をおこなっています。

川棚町は、町民への支援が多いような印象です。

波戸勇則氏の評判についてですが、出馬表明の際に多くの支援を受け出馬を決意したというような発言していました。

川棚町議会での経験も豊富ですし、支援者も多く評判も良いと思われます。

波戸勇則/川棚町長選挙の公約は?

波戸勇則氏の公約は、まだ公表されていないようです。

波戸勇則氏は、出馬表明の際に「石木ダム」を推進しているとの姿勢を見せていました。

石木ダムは、長崎県が計画している事業ですが、町民の反対運動があるため建設が進んでいないようです。

石木ダムの目的は、地域を水害から守る・川棚町と佐世保市の水道水の確保・環境や景観の保全などがあります。

波戸勇則氏は、石木ダムの建設を進めることを公約に掲げられるのではないかと予想されます。

波戸勇則/川棚町長選挙の立候補した理由は?

波戸勇則氏は、立候補した理由について会見にて以下のような内容のことを発言していました。

(現職の山口文夫町長が立候補したことについて、)4期目は長いんじゃないかと思いました。若返りを図りたいという考え方もありますし、そういうお声を頂きました。
引用元:【長崎】東彼・川棚町長選挙 波戸勇則町議が出馬表明

波戸勇則氏は、若い世代の声が届く行政運営を目指したいと出馬への意欲を見せていました。

波戸勇則/川棚町長選挙の選挙結果は?

波戸勇則氏の選挙結果は、以下の通りです。

川棚町議会議員選挙
(2011年4月24日投開票)
投票率71.21% 474票(当選)
川棚町議会議員選挙
(2015年4月26日投開票)
投票率62.23% 465票(当選)
川棚町議会議員選挙
(2019年4月21日投開票)
投票率61.09% 451票(当選)

波戸勇則氏は、2011年に川棚町議会議員に初当選し、3期務めています。

得票数は474、465、451票と安定している印象です。

現在は、川棚町議会議員の副議長として活躍しています。

波戸勇則/川棚町長選挙の引退の可能性は?

波戸勇則氏の、引退に関する情報は得られませんでした。

波戸勇則氏は、現在58歳とお若いですし、町政の若返りを目指して意欲的です。

引退の可能性は低いと思われます。

まとめ

波戸勇則氏は、2011年より川棚町議会議員として務め町政に関わってきました。

川棚町議会議員の副議長を務めており、議会での影響力も大きいように思います。

波戸勇則氏は、認定こども園みつばこども園の理事長・副園長も務めています。

そのため、子育て世代の声を聞く機会が多く、若い世代からの支援が期待できるのではないでしょうか。

若い世代だけでなく、幅広い世代に向けた政策を掲げることで当選も期待できるのではないかと思います。

2022年の川棚町長選挙には、波戸勇則氏の他に現職の町長も立候補しています。

現職の多選を止めることができるのか、選挙の結果に注目です。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

町長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所