長谷川孝夫/鴨川市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

長谷川孝夫はせがわたかおさん(72)は政治家を現職としています。

1971年に玉川大学を卒業後、小学校教諭などを経て、政治家になりました。その経歴は、多くの支援者に評価されています。

本記事では、長谷川孝夫さんについて

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについても追っていこうと思います。

 
 

スポンサーリンク

長谷川孝夫/鴨川市長選挙の経歴や評判は?

名前︰長谷川孝夫(はせがわたかお)
生年月日︰1948年12月9日生まれ
出身地︰千葉県鴨川市栗斗
出身校︰玉川大学文学部(現 教育学部)
趣味︰草刈り、読書、スポーツ

長谷川孝夫さんは、1948年に千葉県鴨川市栗斗で誕生しました。小学校は、西条小学校。中学校は、西条中学校(現 鴨川市立鴨川中学校)を卒業しています。

1967年には千葉県立長狭高等学校を卒業し、玉川大学文学部に入学しました。そこからはなんと現役で小学校教諭になります。

流石、教育で有名な大学を卒業しただけあります。学校の先生は、誰もが接する極めて身近な職業ではありますが、採用されるのは難しいのです。

ちなみに、初めて赴任した小学校は、館山市立北条小学校です。

1971年から1984年まで小学校教諭を務めた長谷川孝夫さんですが、1984年に千葉県教育庁に入庁します。その後、1995年に、鋸南町立佐久間小学校で校長を。2年後の1997年に再び、千葉県教育庁に戻ります。

ここまでの経歴を見ると、教育に真っすぐ向き合ってきた姿勢を感じざるを得ません。

実際に授業を受けていた生徒さんからの印象というのも気になる点のひとつですね。どのようか先生だったのでしょうか。

さて、「教育」という分野に熱心な長谷川孝夫さんは、2005年から2012年まで、ついに鴨川市教育委員会の教育長になります。

教育”庁”と教育”長”、どちらもご経験されているということですね。すみません、冗談です。

そして、2013年に鴨川市長選挙に、自民党と公明党からの推薦で無所属の出馬をします。ここからの選挙結果については、記事の後半で書いていこうと思います。

 
 

スポンサーリンク

長谷川孝夫/ 鴨川市長選挙の家族は?

長谷川孝夫さんの家族について調査した結果、家族の情報を見つけることに成功しました。

ずばり、奥様とお子様がお2人(長男、長女)いらっしゃいます。

ご本人が72歳と高齢であることから、お子様たちもそれなりのご年齢だと推測できます。

あくまで傾向ではありますが、教師の子どもは教師になることがよくあります。可能性としては、教育関連の仕事をされているかもしれませんね。

長谷川孝夫/鴨川市長選挙の年収は?

ここでは鴨川市長の気になる年収について書いていきたいと思います。

ずばり、1000万円ほどです。千葉県の地方公務員に関する法律によって定められております。

1000万円という金額についてどう感じますでしょうか。市長を務めるという給与として、高いか安いかは感じ方次第ですね。

いずれにしましても、頑張っていただきたいです。

長谷川孝夫/鴨川市長選挙の選挙結果は?

さて、ここでは長谷川孝夫さんの出馬した鴨川市長選挙の選挙結果について書いていきます。

単刀直入に、長谷川孝夫さんは2013年の鴨川市長選挙にて初当選することができました。無事に、市長(1期)を務めます。

しかしながら、2017年で挑んだ同選挙では、現職鴨川市長の亀田郁夫さん(自民党推薦)が当選。残念ながら、敗れてしまいます。

前回の選挙から4年ほどが経ちますが、長谷川孝夫さんは決して諦めていません。

「鴨川市民が主役!!鴨川新生!!市民が主役のまちづくり」や「健やかな交流」をテーマにかかげ、次の鴨川市長選挙に向けて日々精進されています。

72歳というご年齢ですが、時代の流れをしっかりとくみ取り、その結果、若者と同じようにSNSをしっかりと使い、政治活動に活かしています。

Twitter、YouTube、Facebook、そしてInstagramまで使いこなしています。凄いですね。

長谷川孝夫さんは、鴨川市の魅力について「観光資源と農水産資源」「文化と歴史」「先進的医療」の3つを取り上げています。出生から現在まで、鴨川市で暮らしただけあり愛に溢れているように感じます。

まとめ

ここでは日本の政治家である、長谷川孝夫さんについて、書いてきました。

これまで務めてきた役職は数多く、「中央教育審議会初等中等教育局分科会」WG委員、千葉県立高等学校入学試験改善協議会会長、千葉大学、教育学部大学院非常勤講師など幅広いです。

エネルギーに満ち溢れているように感じますね。

今後も引き続き、注目していきたいです。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所