原欣伸/犬山市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う犬山市長選挙(2022年11月20日告示、11月27日投開票)において、愛知県議の原欣伸氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、原欣伸氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

原欣伸/犬山市長選挙の経歴は?

原欣伸氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 原欣伸(はらよしのぶ)
生年月日 1968年8月31日
出身地 愛知県犬山市
最終学歴 日本体育大学体育学部体育学科卒業
趣味 スポ-ツ・映画鑑賞

原欣伸氏は愛知県犬山出身で、日本体育大学体育学部体育学科を卒業されました。

学生時代は甲子園出場を目指し、野球に熱中していたそうです。

大学卒業後は愛知県立江南高校保健体育講師や秘書を11年経験された後、2003年の犬山市議会議員選挙に立候補し初当選を果たされています。

2007年には愛知県議会員選挙に当選し、県議会議員として活躍をされています。

出典:原欣伸氏 公式ホームページ

出典:原欣伸氏 Facebook

原欣伸/犬山市長選挙の学歴は?

原欣伸氏の最終学歴ですが、日本体育大学体育学部体育学科卒業になります。

出身大学は?

日本体育大学は東京都世田谷区に所在する私立大学です。

スポーツを学ぶための最先端の環境が整っており、体育大学としてアジアでは最も古く、規模は世界一とのことです。

各分野で活躍しているスポーツ選手を多く輩出しています。

スポーツの分野で活躍したい人にとってはとても良い環境の大学のようですね。

参照:日本体育大学ホームページ
  

スポンサーリンク

原欣伸/犬山市長選挙の家族は?

原欣伸氏の家族構成についてですが、自身の公式ホームページにて妻・長男・長女と記載がありました。

その他の詳しい情報については見当たりませんでした・・・

原欣伸/犬山市長選挙の年収や月収は?

原欣伸氏の年収や月収についてですが、愛知県議会ホームページからの情報によると愛知県議会議員の年収は以下の通りになります。

月給:97.7万円
年収:
1,633万円

 
参照:愛知県特別職報酬等審議会資料

スポンサーリンク

原欣伸/犬山市長選挙の実績や評判は?

原欣伸氏の実績については自身のホームページに【4年前の約束とその検証】として下記の5項目毎にそれぞれ記載されいます。

・議員改革と行政改革
・雇用と経済
・医療と福祉
・教育と子育て
・まちづくり

実現できたもの、実現できていないものをしっかり公表されており、熱意・信頼感がある人物であることが伝わってきます。

原欣伸/犬山市長選挙の公約は?

原欣伸氏の公約についてですが、自身のホームページに項目毎に記載されていました。

安心安全社会の構築
子ども・子育て支援
健康長寿社会の構築
人づくり・女性の活躍の場づくり
チャレンジドの支援・社会寝室の促進

これまでの行政を見直し、工夫とムダをなくすことで新たな財源を確保。より良いサービスを提供する仕組みをつくるとのことです。

個人的にこの施策が上手くいき、他県の行政にもいい影響がでればよいなと思います。

出典:原欣伸氏 公式ホームページ(私の施策)

原欣伸/犬山市長選挙の立候補した理由は?

原欣伸氏は立候補予定者の公開討論会や、自身のFacebookにて

子どもや高齢者に温かいまちにする。
この選挙を通じて犬山だからできること、犬山にしかできないこと、他には真似できない犬山を追い求めながら、犬山に思いを寄せて情熱をささげていきます。

と記載があり、自身の知識・経験を活かし犬山市の発展に尽力したいという意向で立候補をされたようです。

原欣伸/犬山市長選挙の選挙結果は?

原欣伸氏の過去の選挙結果は以下の通りです。

犬山市議会議員選挙
(2003年4月27日投票)
投票率64,64% 1,777票(当選)
愛知県議会議員選挙
(第19回統一地方選挙)
(2019年4月7日投票)
投票率37.01% 無投票(当選)

原欣伸/犬山市長選挙の引退の可能性は?

原欣伸氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

現在の年齢や犬山市への強い思いを考慮すると、現時点で引退を考えている可能性はないと思います。

まとめ

これまで犬山市議、愛知県議員として活躍されてきた原欣伸氏、今回市長選挙初出馬となります。

現役の市長である山田拓朗氏は不出馬を表明。

他の候補者として市議会議員1期目の丸山幸治氏(44)と前市長の田中志典(64)の2名がおり激しい選挙戦が予想されます。

今までの実績や、公約がどう評価されるのか個人的に大変気になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所