後藤謙次の妻・子供や学歴は?年収やの経歴も!

スポンサーリンク

今回は、元・共同通信社の記者であり、ニュースキャスター、コメンテーターとしても知られる、後藤謙次氏について記事をまとめたいと思います。

後藤謙次氏の

・学歴
・経歴
・年収
・家族

などの情報を調べていきます。

後藤謙次の経歴や学歴は?

後藤謙次氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

後藤謙次の経歴は?

名前 後藤謙次(ごとうけんじ)
生年月日 1949年10月5日
身長 非公表
出身地 東京都
最終学歴 早稲田大学卒
職業 ジャーナリスト

後藤謙次氏は1949年、東京都の出身です。

大学を卒業した1973年に共同通信社へ入社し、函館支局や札幌支社編集部などを経て、1982年より本社政治部へ。

首相官邸、自民党(旧田中派担当)、外務省、野党、自民党クラブキャップ、首相官邸クラブキャップなどを担当します。

この頃、竹下登氏や野中広務氏の番記者を長く担当しており、竹下登氏が結成した三宝会では世話人を務めたとされています。

1997年より、同社編集局編集委員兼論説委員。

2002年より、同社政治部部長。

2004年より、同社論説副委員長兼編集委員とキャリアを重ねていきます。

2005年頃より、ニュース番組へのコメンテーターとしての出演を開始。

2006年には共同通信社編集局長に就任。

2007年に編集局長から総務局付・局長同等に異動し、10月末で共同通信社を退社。

退社後の12月より「筑紫哲也NEWS23」にメインキャスターとして出演。

これ以降、近年に至るまで、後藤謙次氏はキャスター、コメンテーターとして多数のテレビ番組に出演しています。

後藤謙次氏といえば、報道番組でお馴染みというイメージがありますが、TBSの特番「オールスター感謝祭’09春超豪華!クイズ決定版」にも何故か出演した経験をお持ちというのが、少し意外ですね。

後藤謙次の本名は?

後藤謙次氏は本名である可能性が高いです。

ジャーナリストにはペンネームをお持ちの方もいますが、後藤謙次氏は他の名前を名乗ったこともないようです。

後藤謙次の学歴は?

後藤謙次氏の学歴ですが、東京都立八潮高等学校卒早稲田大学法学部卒になります。

後藤謙次の出身高校は?

後藤謙次氏は東京都立八潮高等学校を卒業しています。

東京都立八塩高等学校は合唱の古豪として、NHK全国音楽コンクール高等学校の部の初代優勝校として知られています。

また、弓道の強豪としても有名であり、校内に弓道場設備を持つなど、関東大会出場常連校でもあるなど、部活動が盛んな印象があります。

卒業生には、関根勤氏や薬師丸ひろ子氏、二階堂ふみ氏がいます。

余談として、同校のセーラー服は、当時在学中であった薬師丸ひろ子氏が映画「セーラー服と機関銃」に出演した時に着用されていたと言われています。

後藤謙次の出身大学は?

後藤謙次氏は 早稲田大学法学部を卒業しています。

早稲田大学法学部は偏差値67.5とされている、難関大学の1つとして知られています。

参考として、偏差値が60だとした場合、これは100人中15位に相当する成績となることからも、レベルの高さが伺えますね。

スポンサーリンク

後藤謙次の仕事は?

後藤謙次氏はジャーナリスト、コメンテーターとして知られています。

ただ、満70歳を迎えた頃、自らの引き際を考えるようになったと発言されており、仕事のペースを落とす方向へとシフトされているようです。

それによって「報道ステーション」のコメンテーターを卒業するなど、一時期より露出が減っている傾向にはありますが、ジャーナリストとしての発信を続けていきたいとも仰っていることから、まだまだしばらくは引退するつもりはないのだと考えられます。

後藤謙次氏は、新聞や雑誌への連載も持つほか

●『竹下政権 五七六日』(2000年、行研出版社)
●『小沢一郎 50の謎を解く』(2010年、文春新書)
●『田中角栄に訊け! 決断と実行の名言録』(2011年、プレジデント社)
●『10代に語る平成史』(2018年、岩波ジュニア新書)

など、自身のキャリアを活かした著作物も多数あります。

後藤謙次の家族は?

後藤謙次氏は、家族について公表はされていません。

検索すると後藤謙次氏の妻として城後倫子さんという名前が出てくることがありますが、こちらは漢字違いの後藤健二さんと誤認されているようですね。

後藤謙次氏が家庭を持っている可能性は高いですが、それら詳細を公表する気持ちはなさそうです。

スポンサーリンク

後藤謙次の年収や月収は?

後藤謙次氏はジャーナリストであり、コメンテーターです。

後藤謙次氏は現在はフリーランスかと考えられますが、共同通信社で長く活躍していましたので、共同通信社の給与水準を参考にしてみると、およそ700万~800万円となるようです。(参照:平均年収.jp)

ただ、後藤謙次氏は役職者でしたので、在職当時は1500万円程度の年収にはなっていたと思われます。

現在がフリーランスであったとしても、実績も知名度も十分にお持ちであること、コメンテーターや著作物の収入も考慮すれば、仕事をセーブしているにしても1000万円くらいの年収ではないかと予想します。

まとめ

今回の記事では、後藤謙次氏について記事をまとめてみました。

時には過激とも言われるほど、意見をはっきりと提言する後藤謙次氏には賛否両論が寄せられているものの、テレビ出演が減ったことで物足りなく感じられる視聴者も多いと言います。

これからも是非、可能な限りは現在のスタイルで発言を続けていってもらえれば嬉しいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所