ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
海外選挙

2024年2月14日に投票が実施されるインドネシア大統領選挙に、ガンジャル・プラノウォ氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、ガンジャル・プラノウォ氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の経歴は?

ガンジャル・プラノウォ氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 ガンジャル・プラノウォ(Ganjar Pranowo)
生年月日 1968年10月28日
出身地 中部ジャワ州カランアニャル県
最終学歴 インドネシア大学政治学大学院
職業 中部ジャワ州知事
趣味 不明

ガンジャル・プラノウォ氏は、1968年10月28日にインドネシアの中部ジャワ州カランアニャル県で生まれました。

同氏は、ガジャ・マダ大学法学部の学位取得後、インドネシア大学政治学大学院を修了しています。

2013年には2004年に国民議会議員に当選して市政に参加し、2013年には中部ジャワ州知事に就任して活躍しています。

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の学歴は?

ガンジャル・プラノウォ氏は、出身高校は不明ですが、ガジャ・マダ大学法学部およびインドネシア大学政治学大学院に進学しています。

出身高校は?

ガンジャル・プラノウォ氏の出身高校の情報は得られませんでした。

出身大学は?

インドネシア大学は、デポックに本部を置くインドネシアの国立大学で、1851年に創設された伝統ある学校です。

インドネシアの大学としては最も古い高等教育機関で、オランダ植民地政府が設立した医学校がルーツとなっています。

インドネシア国内にある同大学の各学部はそれぞれ独立して別の大学に発展するなど、高等教育の始祖の立場といえる学校です。

東京大学や一橋大学など、日本の大学とも協定を交わしています。

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の家族は?

ガンジャル・プラノウォ氏の家族は、妻と子供1人の3人家族であるとの情報があります。

妻はシティ・アティコ・スプリアンティ、子供はムハマド・ジネディーヌ・アラム・ガンジャルという氏名です。

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の年収は?

ガンジャル・プラノウォ氏は、2013年から中部ジャワ州知事として活躍しています。

中部ジャワ州知事の年収は公開されておらず、関連情報もないため、想定も難しいです。

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の実績や評判は?

ガンジャル・プラノウォ氏は、国民議会議員および中部ジャワ州知事で長い時間市政に携わっています。

その間、トラブルに関連する情報はありませんでした。

まじめに市政に取り組んでいる同氏の性格が現れていると感じます。

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の公約は?

ガンジャル・プラノウォ氏がインドネシア大統領選挙における公約は、2024年1月31日現在公開されていません。

本人が発信している公約は見られませんが、所属する与党第一党の闘争民主党の影響が選挙活動にも色濃く反映されているとのコラムがあります。

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の立候補した理由は?

ガンジャル・プラノウォ氏がインドネシア大統領選挙に立候補した理由として、公にされている情報はありません。

所属する闘争民主党の擁立があったことは想像できます。

知事として一定期間市政に身を置いている同氏は、政治に関するノウハウや知識を豊富に持っているため、それを活かしたいと考えたのかもしれません。

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の選挙結果は?

ガンジャル・プラノウォ氏は、過去に国民議会議員に当選した経歴を持ち、現在は中部ジャワ州知事を担っています。

それらの当選した際の選挙結果は、日本においては情報を見つけられませんでした。

ガンジャル・プラノウォ/インドネシア大統領選挙の引退の可能性は?

ガンジャル・プラノウォ氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

中部ジャワ州知事として長年姿勢に身を置いている同氏であるため、大統領選挙に落選したからといって即引退を選択することはないと想定されます。

地元ジャワ州への貢献精神もうかがえるため、引退の可能性は低いと考えられます。

まとめ

以上、ガンジャル・プラノウォ氏についてインドネシア大統領選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、インドネシアでも高等教育機関を卒業して市政への道を歩む、エリートコースを行く人材です。

故郷のジャワ州知事を継続して担っているところを見ると、誠実でトラブルと縁遠い信頼のおける政治を行なっていると考えられます。

大統領になった場合は、より大規模な市政の展開が期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外選挙
選挙立候補者研究所