福井祐輔/下田市長選挙の経歴や家族は?年収や引退の可能性についても!

スポンサーリンク

2020年6月21日に静岡県下田市長選挙が行われます。
この市長選に出馬する現職の福井祐輔(ふくいゆうすけ)氏についてピックアップしていきます。

 
 

スポンサーリンク

福井祐輔/下田市長選挙の経歴は?

  • 名前   福井祐輔(ふくいゆうすけ)
  • 生年月日 1947年11月9日
  • 出身地  高知県土佐清水市
  • 出身校  防衛大学校
  • 趣味   不明
  • 特技   不明
  • 座右の銘 質実剛健

 

1971 年4月 陸上自衛隊入隊

第一次カンボジアPKO国際平和協力隊長兼監視員
普通科教導連隊長兼滝ケ原駐屯地指令
防衛大学校教授

などを歴任後、退任

2016年   下田市長就任

スポンサーリンク

福井祐輔/下田市長選挙の家族は?

福井氏の家族については特に情報が見受けられませんでした。

年齢が60代であることを考えれば家族はいることは想像できます。

 
 

福井祐輔/下田市長選挙の年収は?

下田市長の給与は・・・

月額745,500×12ヶ月=894.6万円   ※ボーナス等含まず

これは「給与の高い首長ランキングTOP500」圏外です。かといって、「首長の給与の低い自治体ワースト500」にも入らないくらいです。

福井祐輔/下田市長選挙の引退の可能性は?

福井氏は現在60代後半です。今回の市長選に再選すればまだ現役を続けると思いますが、落選した場合は引退の可能性もあるでしょう。

というのも、福井氏はコロナ禍での対応について批判がいくつか見受けられます。
そして、市長就任後の発言が物議を醸したこともあり、支持率が気になるところです。

 

引退したとしても、福井氏は自衛隊の教授を務めていたこともあり、自衛隊関連の仕事に戻るのではないか、ということも予想できます。

まとめ

福井氏ですが、正直就任後の評判はあまりよくなかったので今後が気になるところです。

今回の市長選は元県賀茂地域局副局長の松木正一郎氏との一騎打ちなので票がどのように動くのか注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所