藤井勇治/長浜市長選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

2022年02月20日に長浜市長選挙が告示、2022年02月27日に投開票されます。

今回は、現職市長で4期目の当選を目指す藤井勇治氏の情報についてまとめています。

藤井勇治氏の

・経歴
・実績
・年収

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

藤井勇治/長浜市長選挙の経歴は?

名前 藤井 勇治(ふじい ゆうじ)
生年月日 1950年2月27日
出身地 東浅井郡虎姫町(現長浜市)
最終学歴 龍谷大学法学部
職業(前職) 衆議院議員
趣味 映画鑑賞、山歩き、犬の散歩、社交ダンス

藤井勇治氏は龍谷大学を卒業した後、自民党の秘書を経て衆議院議員に当選されます。

その後地元長浜市の市長選挙に立候補し、当選。

現在まで3期の市長を務められています。

アクティブな趣味から行動力に長けた方であると想像できますね。

藤井勇治/長浜市長選挙の学歴は?

藤井勇治氏の学歴は、龍谷大学法学部卒になります。

出身高校は?

出身高校について調べましたが、情報は見つかりませんでした。

出身大学は?

龍谷大学は1639年を起源とする非常に歴史のある大学で、5箇所が国の重要文化財に登録されています。

仏教系の私立大学で、「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人を育成する」を教育の目標としています。

スポンサーリンク

藤井勇治/長浜市長選挙の家族は?

藤井勇治氏の家族の情報ですが、長浜市議会議員に弟の藤井繁さんがいらっしゃるようです。

その他の情報については見つかりませんでした。

藤井勇治/長浜市長選挙の年収は?

藤井勇治氏の年収についてまとめてみました。

長浜市の公式サイトによると、藤井勇治氏の年収は以下の通りになります。

月収:90万円×12ヶ月=1,080万円
期末手当:3.4ヶ月分×90万円=306万円
年収:1,080万円+306万円=
1,386万円

長浜市長を務められた際の年収は、1,386万円と予想されます。

藤井勇治/長浜市長選挙の実績や評判は?

藤井勇治氏の実績についてですが、小学校の給食費の無償化や市債の残高を減らすなどの成果をあげられているようです。

2020年5月には、新型コロナウイルスの財源に充てるため自身と副市長、教育長の6月の期末手当を全額返上されました。

藤井勇治氏の評判については情報が見つかりませんでした。

個人的な予想ですが、衆議院議員時代から地盤を固められており4選目も手堅いのではないでしょうか。

藤井勇治/長浜市長選挙の公約は?

藤井勇治氏の公約については

・子育て支援の加速と地域医療の拡充
・地域活性化による少子化に対する課題解決

などを挙げられています。

少子化に対してのアプローチは日本全体で重要な課題なので、是非頑張って頂きたいです。

藤井勇治/長浜市長選挙の立候補した理由は?

藤井勇治氏の市長選挙に立候補した理由ですが、衆議院議員時代から 「国が栄えるには地方が栄える必要がある」と考えておられたようです。

2度目の衆議院議員選挙で落選した後、一大決心をして長浜市長選挙に立候補されました。

藤井勇治/長浜市長選挙の選挙結果は?

ここでは藤井勇治氏の過去の選挙結果についてまとめます。

まず、2010年2月14日の初出馬で、33,703票を獲得して現職の川島信也氏を破り当選。投票率58.40%でした。

2014年2月23日の市長選挙では32,895票を獲得して再び当選。投票率は46.28%でした。

投票率は下がっていますが、獲得票はそれほど落ちていませんね。

さらに2018年2月18日投票率43.98%の中、27,062票を獲得して3度目の当選を果たしました。

ここまで3期の長浜市長を務められています。

藤井勇治/長浜市長選挙の引退の可能性は?

藤井勇治氏の引退の可能性については情報が見つかりませんでした。

個人的には現職であり4選目も手堅いと思いますが、落選された場合は引退の可能性もあるかもしれません。

まとめ

藤井勇治氏は衆議院議員も経験されており、政治に長けている方でした。

少子化への取り組みや、子育て支援・地域医療の拡充などを公約として挙げられています。

市民に対しての直接的な支援が期待できそうです。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所