藤川法男/波佐見町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う波佐見町長選挙(2022年9月6日告示、9月11日投開票)に波佐見町議会議員の藤川法男氏が出馬する意向を表明されましたので,藤川氏に関する情報をまとめています。

こちらのページでは,藤川氏の

・経歴
・家族
・年収
・公約

などについて調べてみました。

藤川法男/波佐見町長選挙の経歴は?

藤川法男氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 藤川法男(ふじかわのりお)
生年月日 1957年10月12日
出身地 長崎県波佐見町
最終学歴 佐賀県立有田工業高等学校卒業
職業(前職) 波佐見町議会議員,陶磁器製造業
趣味 不明

藤川法男氏は1957年10月12日に生まれました。

1976年に有田工業高校を卒業した後,有田で絵付けの修業を始める事で陶芸家への道へと入りました。

1988年に藍水窯というご自身の窯を築窯され,現在は陶芸家として活動される傍ら陶磁器製造業を営んでいます。

2008年の波佐見町議会議員選挙に出馬し当選。その後4期にわたり同町議会議員を務めています。

スポンサーリンク

藤川法男氏/波佐見町長選挙の学歴は?

藤川法男氏の最終学歴は有田工業高校卒業卒業 です。

出身高校は?

出身高校は佐賀県立有田工業高等学校です。

有田工業高校は佐賀県西浦郡有田町に所在する公立の工業高校です。

1881年に日本で初の陶磁器産業の技術者養成機関として設立された「勉脩学舎」(べんしゅうがくしゃ)を源とし,その建学の精神は、1900年創立の佐賀県工業学校有田分校に受け継がれ、2020年に創立120周年を迎えました。

この間、約18,000名の人材を地元の産業界はもとより、国内外に輩出しており、県下屈指の「歴史と伝統、実績」を誇る工業高校として更なる発展を目指しています。

窯業が盛んな土地柄にちなんで設置されているセラミック科・デザイン科は全国でも数少ない特色ある学科であり、「地域みらい留学」という取り組みにより、全国から生徒を受け入れています。

出典:佐賀県立有田工業高等学校ホームページ

藤川法男/波佐見町長選挙の家族は?

藤川法男氏の家族構成については公表されていないようですが,経営するお店のブログから長女・次女がいる事がわかりました。

他にお子様がいるかもしれませんが,これ以上は詳しい情報が得られませんでした。

スポンサーリンク

藤川法男/波佐見町長選挙の年収は?

藤川法男氏は波佐見町議会議員を務めています。

波佐見町が発表している令和2年の「波佐見町の給与・定員管理等について」という資料によりますと,波佐見町議会議員の報酬は月額215,000円,期末手当は年額731,000円となります。

215,000円×12ヶ月+731,000円=3,311,000円

藤川氏の波佐見町議会議員としての年収は約330万円になります。

このほかに藤川氏は陶芸家としても活躍しており,ご自身で陶磁器製造販売業を営んでいます。

下記のサイトに陶磁器製造業の平均年収は435万円との情報がありました。

藤川被は波佐見焼の陶芸家としてかなり有名な方のようでもっと年収が高い可能性もあるのですが,詳しい情報が得られなかったため,藤川氏の年収は

330万円+435万円=765万円

約770万円と推測します。

出典:年収チェッカー

藤川法男/波佐見町長選挙の実績や評判は?

藤川法男氏は
・産業厚生委員会
・新庁舎建設等調査特別委員会(委員長)
・議会改革調査特別委員会

などに所属されています。

議会だよりなどを拝見しますと,ご自身が陶芸家であることもあり,波佐見町の主な産業である窯業や農業・観光業の振興を進める活動を行っているようです

陶芸家としてはとても有名な方のようで,作品のファンという書き込みも多数見られました。

藤川法男/波佐見町長選挙の公約は?

藤川法男氏は出馬時の会見で,公約について下記のように語っています。

窯業、農業振興の継続に加え、交流人口拡大や子育て支援の充実を目指す。

藤川法男/波佐見町長選挙の立候補した理由は?

藤川法男氏は前回の町長選にも出馬しましたが,現職の一瀬町長に敗れ,落選してしまいました。

今回2度目の町長選立候補の理由について「町長の頑張りは誰もが認めるところであるが、もう一度出るべきと支援を受けた」と語っています。

ご自身も陶磁器製造業を営まれている藤川氏ですので,窯業を中心とした波佐見町の産業を盛り上げてほしいと期待する町民の後押しがあったようですね。

藤川法男/波佐見町長選挙の選挙結果は?

藤川法男氏は波佐見町議会議員選挙に4度,波佐見町長選挙に1度出馬しています。

過去出馬している選挙の結果は以下の通りです。

波佐見町議会議員選挙
(2008年10月19日投票)
投票率:76.51% 獲得票数:699票  当選
波佐見町議会議員選挙
(2012年10月14日投票)
投票率:74.23% 獲得票数:638票   当選
波佐見町議会議員選挙
(2016年10月23日投票)
投票率:68.39% 獲得票数:638票  当選
波佐見町長選挙
(2018年9月9日投票)
投票率:65.25% 獲得票数:3777票  落選
波佐見町議会議員選挙
(2020年10月11日投票)
無投票  当選

藤川法男/波佐見町長選挙の引退の可能性は?

藤川法男氏の引退について調べてみましたが,情報は得られませんでした

個人的な予想になりますが,陶芸家として波佐見町の窯業・観光業をこれまで以上に盛り上げていきたいという強い思いをお持ちの藤川氏ですので,今回の選挙に落選したとしても引退はしないと考えます。

まとめ

ここまで藤川法男氏についてまとめてみました。

今回の波佐見町長選挙には藤川氏の他に元町議や前副町長が出馬しており,非常に激しい戦いとなることが予想されます。

それぞれの候補者に過去の実績があると思いますので,他の候補者との差別化を如何に図り,町民からの期待を得る事が出来るかが今回の選挙の争点になるのではないかと思います。

藤川氏は現代陶人名鑑にも名前が載せられている著名な陶芸家で,公約に窯業の振興も掲げている事から,作品のファンからも多くの票が集まるのではないでしょうか。

やきものの町として有名な波佐見町を,これまで以上に盛り上げていってもらう事を期待します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
町長
選挙立候補者研究所