知念覚/那覇市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う那覇市長選挙(2022年10月16日告示、10月23日投開票)において、前副市長の知念覚氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、知念覚氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

知念覚/那覇市長選挙の経歴は?

知念覚氏が出馬を正式表明 那覇市長選 「那覇の視点大事に」
知念覚氏が出馬を正式表明 那覇市長選 「那覇の視点大事に」

知念覚氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 知念覚(ちねんさとる)
年齢 59歳
出身地 那覇市
最終学歴 沖縄大学 法経学部
職業 那覇市役所 前副市長

知念覚氏は沖縄県那覇市出身で、大学を卒業後那覇市役所に勤務され、2015年3月24日より副市長就任。その後2022年8月17日付で辞任をされています。

小学校時代は家計を助けるため牛乳配達をしていたり、小・中学校時代は野球に熱中していたそうです。

出典:知念覚氏 Facebook

知念覚/那覇市長選挙の学歴は?

知念覚氏の最終学歴ですが、沖縄大学 法経学部卒になります。

出身大学は?

沖縄大学は沖縄県那覇市に所在する私立大学です。

当時沖縄県がアメリカ合衆国の統治下であった1961年に琉球政府の認可の下で開学。

1972年の本土復帰の際には国際大学(現在の沖縄国際大学)との合併問題が起こり、存続の危機に面しましたが1974年に再認可を受けたという歴史があります。

参照:沖縄大学ホームページ

スポンサーリンク

知念覚/那覇市長選挙の家族は?

家族構成についてですが、自身のFacebookの投稿から奥様とお孫様がいらっしゃるようですが、その他の詳しい情報が見当たりませんでした。

知念覚/那覇市長選挙の年収や月収は?

知念覚氏の年収や月収についてですが、那覇市ホームページの情報によると那覇市副市長の年収は以下の通りになります。

月給:89万円×12ヶ月=1,068万円
期末手当:280万円+280万円=560万円
年収:1,068万円+560万円=
1,628万円

 
参照:那覇市の給与・定員管理等について

スポンサーリンク

知念覚/那覇市長選挙の実績や評判は?

知念覚氏は那覇市役所に約38年間勤務しており、その間に副市長を約7年間経験し那覇市の行政・政策に長年携わってこられました。

那覇市をよく知る人物として期待する声が寄せられているようです。

知念覚/那覇市長選挙の公約は?

知念覚の公約については、自身のSNSにて発信をされています。

主に

クーポンで子育て支援を推進 
高齢者が使いやすい公共交通
福祉従事者への支援を推進

と幅広い世代の方の生活を支援したいという政策を掲げているようです。

個人的にこの政策が上手くいき、新しい街づくりのモデルケースになればよいなと思います。

知念覚/那覇市長選挙の立候補した理由は?

知念覚氏は出馬表明記者会見の際に

「コロナ禍の今だからこそ、県都として経済を牽引する役割を果たさねばならない」「今一度今後の街づくりを展望し、経済活性化、市民福祉の向上、地域の発展への取り組みを急がなければならない」

と語っており、自身の経験を活かし沖縄県の経済・福祉の活性化に尽力したいという意向で立候補をされたようです。

知念覚/那覇市長選挙の選挙結果は?

知念覚氏は今回の選挙が初出馬のようです。

知念覚/那覇市長選挙の引退の可能性は?

知念覚氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

現在の年齢や那覇市への強い思いを考慮すると、現時点で引退を考えている可能性はないと思います。

まとめ

那覇市職員として約38年間勤務されていた知念覚氏、副市長の経験を経て今回市長選挙初出馬となります。

他の候補者として故翁長雄志(おなが・たけし)前知事の次男で元沖縄県議の翁長雄治(おなが・たけはる)氏(35)が出馬を表明しており、知念氏と翁長氏の一騎打ちが予想されています。

知念氏のこれまでの実績や公約がどのような結果となって表れるのか個人的に気になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所