小川あきら/前橋市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年1月28日告示、同年2月4日に投票が実施される京都市長選挙に、小川あきら氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、小川あきら氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

小川あきら/前橋市長選挙の経歴は?

小川あきら氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 小川あきら(おがわ あきら)
生年月日 1982年12月21日
出身地 千葉県匝瑳市
最終学歴 中央大学法学部
職業 群馬県議会議員
趣味 祭りに参加

小川あきら氏は、1982年に千葉県匝瑳市で生まれました。

農家の長女として生まれ、のどかな環境で育ったことが予想されます。

公務員として働く母の姿を見て、女性も社会に貢献できるという意識を持ったとコメントしています。

高校では親元を離れ、茨城県清真学園高校で3年間の寮生活を経験しています。

その後、中央大学法学部に進学し法務を学び、在学中に司法試験に合格しています。

卒業後は前橋地方裁判所で司法を修習した後、弁護士として活躍します。

2011年には群馬県議会議員に当選しています。

小川あきら/前橋市長選挙の学歴は?

小川あきら氏は、茨城県清真学園高校を卒業後、中央大学法学部に進学しています。

出身高校は?

茨城県清真学園高校は、1978年に設立した中高一貫の私立高校です。

同校は、「文武両道」をモットーとしており、普通科のみがあり全生徒が同様のカリキュラムを受けます。

学業・部活動(文化系含む)・行事・学校自治等において、全生徒が偏ることなくその責任と義務を負い、精進するのが同校の目標でもあります。

出身大学は?

中央大学は、1885年に創設された伝統ある私立大学です。

同学の法学部は「法科の中央(中央の法科)」とも呼ばれ、日本の私立大学を代表する法学部として有名です。

設立当初から実学教育重視の姿勢を徹底しており、現在でもインターンシップの積極的な実施など、学生の実学能力の醸成に取り組んでいます。

小川あきら/前橋市長選挙の家族は?

小川あきら氏の家族に関する情報は、公式サイトを含め公開されていませんでした。

大学卒業後、弁護士や県議会議員として多忙な毎日を送っているようですので、同居家族はいないかもしれません。

小川あきら/前橋市長選挙の年収は?

小川あきら氏は、現在群馬県議会議員として活躍しています。

群馬県議会議員の年収は、以下だと考えられます。

月額報酬 830,000円
年収 830,000円×12か月=9,960,000円

小川あきら/前橋市長選挙の実績や評判は?

小川あきら氏は、4期連続で群馬県議会議員を務めていますが、大きなトラブルはなかったようです。

同氏に対する評判などの情報はほとんど見当たりませんが、実直に執務に取り組んでいる姿勢が想像できます。

しかし、今回の市長選において、折込チラシの活用において公選法の違反が指摘されています。

小川あきら/前橋市長選挙の公約は?

小川あきら氏が前橋市長選挙において掲げる公約は、以下の通りです。

・学校教育の完全無償化
・子供基本条例制定
・子供の居場所作り
・教員の多忙化解消
・医療福祉の人材確保対策強化
・マイタク、デマンドバス拡充
・農畜産業支援
・まちなか既存店支援補助金
・市民芸術や障害者アート応援
・スポーツ振興

小川あきら/前橋市長選挙の立候補した理由は?

小川あきら氏が前橋市長選挙に立候補した理由としては、明確な情報はありませんが皆さんとともに新しい前橋づくりに取り組んでいきたいとのコメントがみられます。

大学卒業後、群馬県で常に活躍してきた同氏にとって、前橋市は貢献すべき第二の故郷と感じているのかもしれません。

「市民の皆さんとともによりよい街を作っていくチャンス」というコメントもみられるように、市民に寄り添った市政が期待できます。

小川あきら/前橋市長選挙の選挙結果は?

小川あきら氏は、過去に群馬県議会議員に4期連続で当選しています。

投票日:2023年4月9日
投票率:37.36%
得票数:14,691票

小川あきら/前橋市長選挙の引退の可能性は?

小川あきら氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

群馬県議会議員として活躍しており、弁護士としての顔も持つ方です。

まだ若い年齢であるため、今回落選したとしても、将来再度市長選に挑戦する可能性は十分にあると考えられます。

まとめ

以上、小川あきら氏について前橋市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、大学卒業後群馬県で弁護士や県議会議員として活躍してきた実績があります。

県議会議員は連続で4期当選しており、市政における実績も十分です。

前橋市長として当選した場合は、誠実で頼りがいのある市政を展開してくれると期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長